映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オキナワの少年

映画に情熱を賭ける一人の男の葛藤を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

比嘉常雄は沖縄から集団就職で上京し、小さな製本会社に勤めたが一年も続かず、今は子供の頃からの親友で大学へ通う石垣悟の下宿に居候の身だ。しかし、日雇いで稼ぎながらシナリオ学校に通う生活は満足のできるものではない。常雄の実家は米軍キャンプの周辺で売春バーをやっており、戦争で片腕を失った父に代わって、母が一人で店を仕切っていた。毎夜、酒を浴び娼婦を抱く米兵の喧騒は小学生の常雄には耐えられない。そんな彼の楽しみは映画だった。ある日、住み込みで働くことになった洋子と真理子の姉妹が宮古島からやって来た。真理子は常雄より年上だが二人は仲のよい兄弟のようになっていった。常雄が6年生の時、米軍のジェット機が小学校に突っ込んで、教室は燃え上がり悟は耳をやられた。また、中学生の頃、常雄を見守ってくれていた祖母のモウシが米軍のジープに轢き殺された。洋子が米兵のハニーとなりアメリカへ旅立ち、残された真理子は自ら娼婦となった。沖縄での思い出は常雄にとって辛く暗いものばかりだが、東京で生活していると幾度となく思い出される。



■解説

映画に情熱を賭ける一人の男の少年時代と、十一年後の東京での青春時代を交錯させながら沖縄人としての葛藤を描く。沖縄出身の東峰夫原作の同名小説の映画化で、脚本は、中田信一郎、高際和雄、沖縄出身でこれが第一回監督作品の新城卓の共同執筆、撮影は「嵐を呼ぶ男(1983)」の姫田真佐久がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1983)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 新城卓 (シンジョウタク)
脚本 新城卓 (シンジョウタク) 中田信一郎 (ナカダシンイチロウ) 高際和雄
原作 東峰夫
企画 新城卓 (シンジョウタク) 小倉斉 (オグラヒトシ)
製作 鈴木ワタル (スズキワタル)
製作補 森谷晁育 (モリヤチョウイク) 石井雅
プロデューサー 船津英恒
撮影 姫田真佐久 (Shinsaku Himeda)
美術 斎藤嘉男 (Yoshio Saito)
音楽 池辺晋一郎 (イケベシンイチロウ)
イメージソング 風間杜夫 (Morio Kazama)
録音 米山英明 (ヨネヤマヒデアキ)
照明 島田忠昭 (シマダタダアキ)
編集 鍋島惇 (ナベシマジュン)
助監督 花田深 (ハナダシン)
スチール 星野健一

■キャスト

俳優名 役名
藤川一歩   比嘉常雄
内藤剛志 (Takeshi Naito)  石垣悟
小野みゆき (Miyuki_Ono)  下池真理子
岡田奈々 (オカダナナ)  北沢絹子
緒形拳 (Ken Ogata)  比嘉徳章
辻伊万里 (ツジイマリ)  比嘉モウシ
野川由美子 (Nogawa Yumiko)  比嘉里子
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)  小金井
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)  大家
坂上二郎 (Jiro Sakagami)  製作部長
田中邦衛 (Kunie Tanaka)  新助
河原崎長一郎 (カワラサキチョウイチロウ)  玉寄
篠田三郎 (シノダサブロウ)  鑑察医務院職員
我那覇文章   比嘉常雄(12歳)
中野健   石垣悟(12歳)
有元瑞枝 (アリモトミズエ)  下池真理子(14歳)
愛川まりも (アイカワマリモ)  ハルコ
水原ゆう紀 (ミズハラユウキ)  チーコ
宇田川智子 (ウダガワトモコ)  ミチコ
中島葵 (ナカジマアオイ)  トミコ姉
青木明子   洋子
平良真   又吉(12歳)
野口雅弘 (ノグチマサヒロ)  又吉
徳田紀子 (トクダノリコ)  安里先生
津嘉山正種 (Masane Tsukayama)  恵忠
親泊良子   三人相
小沢弘治   西田
伊藤敏孝 (イトウトシタカ)  冷凍会社主任
竜のり子   冷凍会社事務員
奥村公延 (オクムラコウエン)  久平
飯島大介 (イイジマダイスケ) 
光石研 (Ken Mitsuishi)  大原
平良政幸 (タイラマサユキ)  儀保
岸本寛 (キシモトヒロシ)  呉屋
穂積隆信 (ホヅミタカノブ)  ラーメン屋店主
横谷雄二 (ヨコタニユウジ)  白バイ警官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!