映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • キッズ・リターン 再会の時

シンジとマサル、高校卒業後10年ぶりの再会

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高校を卒業して10年。かつて新人王をとったボクサーのシンジだが、今は格上の相手の咬ませ犬ばかりさせられ、引退を決意していた。その頃、かつての友人でヤクザとなったマサルが服役を終えて出所してくる。マサルはそのままオジキ分のヤクザ・室沢の世話になっていた。交通整理のアルバイトをしていたシンジは、偶然通りかかったマサルと再会。久しぶりに会ったマサルに応援され、シンジは再びボクサーとしてリングに立つようになるが…。



■解説

「俺たち、もう終わっちゃったのかなあ」「バカヤロウ、まだ始まっちゃいねえよ」というセリフで有名な、1996年の北野武監督作『キッズ・リターン』。この作品の10年後を舞台にした“その後の物語”が、本作『キッズ・リターン 再会の時』だ。安藤政信の演じたシンジを平岡祐太が、金子賢の演じていたマサルを三浦貴大が演じている。ウダツの上がらないボクサーとなったシンジ、時代に取り残されたヤクザとなったマサル。それぞれの人生が10年ぶりに交錯し、新たな方向に変化していく。彼らの物語は始まったのか、それとも終わっていたのか、思わず問いかけたくなる一作だ。メガホンをとるのは、『キッズ・リターン』で助監督を務めていた清水浩。

  • 2013年10月12日 より 全国にて

  • 配給:東京テアトル/オフィス北野
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 清水浩 (シミズヒロシ)
脚本 益子昌一 (マスコショウイチ) 清水浩 (シミズヒロシ)
原案 北野武 (Takeshi Kitano)
エグゼクティブプロデューサー 森昌行 (モリマサユキ)
プロデューサー 加倉井誠人
撮影 鍋島淳裕 (ナベシマアツヒロ)
美術 尾関龍生
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
録音 久連石由文 (クレイシヨシフミ.)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 三重野聖一郎 (ミエノセイイチロウ)
編集 太田義則 (オオタヨシノリ)
衣裳デザイン 森口誠治 (モリグチセイジ)
メイク 宮内三千代 (ミヤウチミチヨ)
キャスティング 古川威史
アソシエイト・プロデューサー 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 井澤昌平 (イザワショウヘイ) 太田和宏 (オオタカズヒロ) 吉田多喜男 (ヨシダタキオ)
ライン・プロデューサー 小宮慎二 (コミヤシンジ)
製作担当 齋藤悠二
助監督 吉田亮 (ヨシダリョウ)

■キャスト

俳優名 役名
平岡祐太 (Yuta Hiraoka)  シンジ
三浦貴大 (Takahiro Miura)  マサル
倉科カナ (クラシナカナ)  マナミ
中尾明慶 (Akiyoshi Nakao)  ユウジ
市川しんぺー (イチカワシンペー)  松本
小倉久寛 (オグラヒサヒロ)  小林
池内博之 (Hiroyuki Ikeuchi)  崎山
杉本哲太 (Tetta Sugimoto)  室沢
ベンガル (Bengaru)  沢田会長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!