映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 影たちの祭り

かかし座の影絵ワールドへようこそ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2012年7月。かかし座創立60周年を記念する「Hand Shadows ANIMARE」東京・大阪・名古屋公演の稽古が始まった。団員歴20年を数えるベテラン・飯田周一と石井世紀の2人に、まだ20代ながら実力派の菊本香代、櫻本なつみという最強の布陣。海外ではこれまで数々のフェスティバルで披露してきたステージだが、日本で連続公演を行うのは初めてとあって、メンバー4人のテンションも高い。稽古は順調に進んでいくかに見えたが、劇団代表・後藤圭の演出は現状に満足することを拒み、作品をさらなる高みに引き揚げようとする。後藤の言葉に、それぞれ自問自答するメンバーたち。ようやく作品の方向性が定まりかけた東京公演開幕前日、なおも後藤から新たな課題が提示される。



■解説

1952年に設立された日本で最初の影絵専門劇団「かかし座」。60年以上にわたり、さまざまな影絵表現を模索してきたこの劇団が、2009年から海外で巡演し、好評を博しているのが「Hand Shadows ANIMARE」である。数十種類の動物の姿を「手」の影絵だけで作り出す、大胆かつ繊細なパフォーマンスは、ドイツ、オランダ、スペイン、フィンランドなどのフェスティバルで大反響を巻き起こした。「この手に、限界はない」を合言葉に、日々腕に磨きをかける出演者たち。本作は、生命を吹き込まれた「手」が、まるで独立した生き物のようにスクリーンを飛翔する神秘的な瞬間を克明に描き出す。と同時に、これまで公開されなかったバックステージにもカメラを向けている。監督は、『火星のわが家』『凍える鏡』などの劇映画で、人間の心の「影」の部分を鋭く映像化してきた大嶋拓。本作が初のドキュメンタリー作品となる。(作品資料より)

  • 2013年7月13日 より 新宿K's Cinemaほかにて

  • 配給:「影たちの祭り」パートナーズ
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 大嶋拓 (オオシマタク)
構成 大嶋拓 (オオシマタク)
撮影 大嶋拓 (オオシマタク)
編集 大嶋拓 (オオシマタク)
ナレーション 大嶋拓 (オオシマタク)

■キャスト

俳優名 役名
飯田周一 (イイダシュウイチ) 
石井世紀 (イシイセイキ) 
菊本香代 (キクモトカヨ) 
櫻本なつみ (サクラモトナツミ) 
市瀬愛香 (イチノセマナカ) 
後藤圭 (ゴトウケイ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!