映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オーガストウォーズ

ロシア軍全面協力の戦争スペクタクル

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2008年8月8日、南オセチアにグルジア軍が侵攻した事で始まった「ロシア・グルジア紛争」。5歳の少年チョーマは、別居中の父親に会うため1人で南オセチアに来ていた。だが、久しぶりの再会もつかの間、突然侵攻してきたグルジア軍の攻撃により、父親を失ってしまう。取り残された息子を救うため、母親のクセーニアはモスクワから南オセチアにやって来た。だがそこは、巨大ロボットと軍事兵器が入り乱れる激戦地と化していた。



■解説

2008年に起きた「ロシア・グルジア紛争」を題材にしながら、巨大ロボット戦争も描くという過去に例を見ない戦争スペクタクル。戦地に残る息子を救うため、激戦地へと乗り込む母親の奮闘を描くとともに、『ウォンテッド』を手掛けたロシアのスタジオがVFXを駆使して、ロボットとの壮絶なバトルを生み出した。戦車が巨大ロボットへ変形する様は、『トランスフォーマー』を思わせる凝りよう。ロシア軍の協力による本物の重火器や戦車、戦闘機も登場し、リアルさと巧くブレンドされ見ごたえ十分。監督を務めるのは、ロシア映画界のヒットメーカー、ジャニック・ファイジエフ。迫力の戦闘シーンと親子の情愛のドラマが同居した、満足度の高い作品。

  • 2013年8月10日 より 渋谷TOEIほか全国にて順次公開

  • 配給:ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国:ロシア(2012)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
    • |
    • 戦争
    • |
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジャニック・フェイジエフ (Dzhanik Fayziev)
脚本 ジャニック・フェイジエフ (Dzhanik Fayziev) マイケル・A・ラーナー (Michael A. Lerner)
製作 ジャニック・フェイジエフ (Dzhanik Fayziev)
撮影 セルゲイ・トロフィモフ (Sergei Trofimov)
音楽 ルスラン・ムラトフ (Ruslan Muratov)
音響 ボブ・ビーマー (Bob Beemer)
編集 デニス・ヴァークラー (Dennis Virkler)
字幕 狩野亨 (Toru Karino)

■キャスト

俳優名 役名
スベトラーナ・イワノーワ (Svetlana Ivanova)  Kseniya
エゴール・ベロエフ (Egor Beroev)  Zaur / Dobryy Robot
マクシム・マトベーエフ (Maksim Matveyev)  Lekha
アルチョム・ファディエフ (ARTYOM FADEEV) 
アレクセイ・グシュコフ (ALEKSEY GUSKOV) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!