映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オース!バタヤン

94歳、これからだっせ人生は!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

2006年4月9日、大阪市立鶴橋小学校の体育館に老若男女が詰めかけた。彼らの目当ては「田端義夫オンステージ」。鹿児島や京都など各地から集まったバタヤンファンが、その成りきりぶりをアピールすると、司会の浜村淳が登場。「ようこそいらっしゃいました。日本の歌謡界に燦然と輝く歌の金字塔を打ち立てました大歌手、田端義夫さんとのひとときをごゆっくりとお楽しみ下さい」緩急たくみな名調子に期待がいよいよ高まる中、ついに田端義夫が登場。「オース! また戻ってきましたで。懐かしいとこやな、ここはほんまにね」田端にとって、鶴橋は少年時代を過ごした思い出の土地で第二のふるさと。10人兄弟の9人目として生まれた田端はどん底の貧乏生活を送り、歌手として成功した後は戦争で東京を離れ、関西に地盤を築いた。辛いことも多かったけれど楽しいことも多かった……そんな思いをユーモアまじりに語りながら、田端は「かえり舟」「島育ち」といった時代を彩るヒット曲を、50年以上使い続けてきたおなじみのギターで熱唱する。



■解説

時代を駆け抜けた大スター・田端義夫の姿を、様々な角度から描く。時代を彩るヒット曲をギターで熱唱する姿はもちろん、菅原都々子、白木みのる、立川談志、寺内タケシ、小室等、千昌夫などへのインタビューや田端義夫を見守る家族やマネージャー、ファンにもマイクを向けて肉声を収録している。(作品資料より)

  • 2013年5月18日 より テアトル新宿ほかにて

  • 配給:アルタミラピクチャーズ
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 田村孟太雲
ステージ構成 浜村淳 (ハマムラジュン)
製作 桝井省志 (マスイショウジ)
プロデューサー 山川雅彦 (ヤマカワマサヒコ)
撮影監督 長田勇市 (ナガタユウイチ) 大沢佳子 (オオサワヨシコ)
主題曲/主題歌 ザ・バンド (The Band)
録音 郡弘道 (コオリヒロミチ)
整音 郡弘道 (コオリヒロミチ)
編集 鈴木理 菊井貴繁 (キクイタカシゲ)
音楽編集 鳥光浩樹 (トリミツヒロキ)
助監督 七字幸久 (シチジユキヒサ)
タイトルデザイン 赤松陽構造 (アカマツヒコゾウ)

■キャスト

俳優名 役名
田端義夫 (タバタヨシオ) 
浜村淳 (ハマムラジュン) 
立川談志 (タテカワダンシ) 
白木みのる (シラキミノル) 
菅原都々子 (スガワラツヅコ) 
千昌夫 (センマサオ) 
水木淳子 (ミズキジュンコ) 
瀬川昌久 (セガワマサヒサ) 
佐高信 (サコウシン) 
北中正和 (キタナカマサカズ) 
寺内タケシ (テラウチタケシ) 
小室等 (コムロヒトシ) 
内田勘太郎 (ウチダカンタロウ) 
中川敬 (Takashi Nakagawa) 
宮尾たか志 (ミヤオタカシ) 
玉置宏 (タマオキヒロシ) 
上岡龍太郎 (カミオカリュウタロウ) 
山城新伍 (ヤマシロシンゴ) 
勝山尋美  
勝山紗穂里  
山本泰道  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!