映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アンナ・カレーニナ

極寒ロシアで初めての愛に身を燃やす

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚し、息子にも恵まれ、何ひとつ不自由のない暮らしをしていた。ある日、兄夫婦が離婚の危機にあると聞き、仲を取り持つために兄家族が住むモスクワに向かう。道中に知り合った若き将校ヴロンスキー伯爵が一目でアンナに夢中になり、アンナも彼の眼差しに心が波立つ。モスクワ滞在中、アンナの行く先々に現れるヴロンスキーに、アンナも自分の気持ちを偽れなくなり…。



■解説

ロシアの国民的文豪、レフ・トルストイの名作が再び映画化。女性が自由に生きられなかった19世紀ロシアで、夫、子供を捨て、愛に生きようとしたアンナ・カレーニナを現代的解釈で描く。恋愛を知らないで結婚したアンナは、兄の浮気に傷付いた妻のドリーに、許すよう説得する。しかし、ヴロンスキー伯爵との愛で人生を破滅させた時、兄を許したドリーと自分を比べ、絶望の底に落ちるのだった。何度も映像化されている『アンナ・カレーニナ』だが、本作は舞台装置を敢えて見せる、演劇的演出が楽しい。キーラ・ナイトレイの美貌は相変わらずだが、色気のない堅物の夫を演じ切ったジュード・ロウに拍手。監督は、『つぐない』のジョー・ライト。

  • 2013年3月29日 より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:イギリス=フランス(2012)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジョー・ライト (Joe Wright)
脚本 トム・ストッパード (Tom Stoppard)
原作 トルストイ (Lyof Tolstoi)
製作総指揮 リザ・チェイシン (Liza Chasin)
製作 ティム・ビーヴァン (Tim Bevan) エリック・フェルナー (Eric Fellner) ポール・ウェブスター (Paul Webster)
撮影 シーマス・マクガーヴィ (Seamus McGarvey)
プロダクション・デザイン サラ・グリーンウッド (Sarah Greenwood)
音楽 ダリオ・マリアネッリ (Dario Marianelli)
編集 メラニー・アン・オリバー (Melanie Ann Oliver)
衣裳デザイン ジャクリーン・デュラン (Jacqueline Durran)

■キャスト

俳優名 役名
キーラ・ナイトレイ (Keira Knightley)  Anna Karenina
ジュード・ロウ (Jude Law)  Karenin
アーロン・テイラー=ジョンソン (Aaron Taylor-Johnson)  Vronsky
ケリー・マクドナルド (Kelly Macdonald)  Dolly
マシュー・マクファディン (Matthew Macfadyen)  Oblonsky
ドーナル・グリーソン (Domhnall Gleeson)  Levin
ルース・ウィルソン (Ruth Wilson)  Princess Betsy Tverskoy
アリシア・ヴィキャンデル (Alicia Vikander)  Kitty
オリヴィア・ウィリアムズ (Olivia Williams)  Countess Vronsky
エミリー・ワトソン (Emily Watson)  Countess Lydia Ivanova

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!