映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 謝罪の王様

土下座を超えた“最高の謝罪”がここに!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

帰国子女の倉持典子はヤクザの車に追突してしまい、示談金400万という誓約書に判を押してしまう。東京謝罪センター所長の黒島譲に助けを求め、彼の謝罪で示談金を減らしてもらった典子は、そのまま黒島の仕事を手伝う事に。セクハラで訴えられた会社員・沼田卓也や、息子の不祥事の謝罪会見を開きたいという大物俳優夫妻の謝罪などを手伝う。そんなある日、マンタン王国の王族へ謝罪したいという国際的な謝罪案件が持ち込まれ…。



■解説

監督・水田伸生×脚本・宮藤官九郎×主演・阿部サダヲという『舞妓Haaaan!!!』『泣くもんか』のトリオが贈る、謝罪をテーマとした本作。なかなかうまく謝罪できない人たちに代わり、阿部サダヲ演じる東京謝罪センター所長の黒島譲が様々な謝罪をキメてみせる。劇中では6つの“謝罪”が行われ、その6つの謝罪が関係しあい、大きな物語が紡がれていく。宮藤官九郎の練りに練られた脚本が、阿部サダヲや脇役陣のハイテンションで大仰な演技、水田監督の突き抜けた演出で、見事なエンターテインメント・ムービーに仕上げられている。その構成の妙はまさにお見事の一言。EXILEやE-girl、VERBALたちが歌って踊るノリノリのエンドムービーもお楽しみに。

■スタッフ

監督 水田伸生 (Nobuo Mizuta)
脚本 宮藤官九郎 (Kankuro Kudo)
製作総指揮 城朋子 (ジョウアキコ)
エグゼクティブプロデューサー 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 門屋大輔 (カドヤダイスケ) 市川南 (イチカワミナミ) 藤門浩之 (フジカドヒロユキ) 伊藤和明 (イトウカズアキ) 寺田篤 松田陽三 長坂まき子 (ナガサカマキコ)
プロデューサー 飯沼伸之 (イイヌマノブユキ) 和田倉和利 (ワダクラカズトシ) 福島聡司 (フクシマ)
撮影 中山光一 (ナカヤマコウイチ)
美術 都築雄二 (ツヅキユウジ)
装飾 茂木豊 (モギユタカ)
音楽 三宅一徳 (ミヤケカズノリ)
主題歌 E-girls
録音 鶴巻仁 (ツルマキヒトシ)
音響効果 大河原將 (オオガワラマサル)
照明 松本憲人 (マツモト)
編集 平澤政吾 (ヒラサワ)
衣裳デザイン 伊藤佐智子 (イトウサチコ)
ヘアメイクデザイン 新井健生
キャスティング 武重裕子
ライン・プロデューサー 宿崎恵造 (ヤドザキケイゾウ)
製作担当 島根淳 (シマネジュン)
監督補 相沢淳 (アイザワジュン)
助監督 足立公良 (アダチキミヨシ)
スクリプター 阿保知香子
VFXスーパーバイザー 小田一生 (オダイッセイ)
振付 八反田リコ (ハッタンダリコ)
宣伝プロデューサー 江上智彦

■キャスト

俳優名 役名
阿部サダヲ (Sadao Abe)  黒島譲
井上真央 (Inoue Mao)  倉持典子
岡田将生 (Masaki Okada)  沼田卓也
尾野真千子 (Ono Machiko)  宇部美咲
高橋克実 (Katsumi Takahashi)  南部哲郎
松雪泰子 (Matsuyuki Yasuko)  壇乃はる香
竹野内豊 (Yutaka Takenouchi)  箕輪正臣
荒川良々 (Yoshiyoshi Arakawa)  和田耕作
岩松了 (Ryo Iwamatsu) 
濱田岳 (Gaku Hamada)  ワクバル
小野武彦 (Takehiko Ono)  国松
濱田マリ (Hamada Mari) 
松本利夫 (マツモトトシオ) 
川口春奈 (カワグチハルナ) 
鈴木伸之 (スズキノブユキ) 
小松和重 (コマツカズシゲ) 
笠原秀幸 (カサハラヒデユキ) 
美波 (ミナミ) 
真飛聖 (マトブセイ) 
柄本時生 (Tokio Emoto) 
野間口徹 (ノマグチトオル) 
六角精児 (Seiji Rokkaku) 
中野英雄 (ナカノヒデオ) 
白井晃 (Akira Shirai) 
嶋田久作 (Kyusaku Shimada) 
池田鉄洋 (Tetsuhiro Ikeda) 
中村靖日 (Yasuhi Nakamura) 
津嘉山正種 (Masane Tsukayama) 
深水三章 (Sansho Shinsui) 
松尾諭 (マツオサトシ) 
大川ヒロキ (オオカワヒロキ) 

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!