• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ「神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ「神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」

ゲノセクトとミュウツー 人造ポケモンの激闘

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大都会ニュートークシティにやって来たサトシとピカチュウたちは、ポケモンのための施設・ポケモンヒルズを訪れる。そこに見慣れぬポケモンが現れ、「ウチニカエリタイ」と話しかけてきた。それは3億年前の化石から人間の手で蘇らされたポケモン、ゲノセクトだった。サトシがゲノセクトの家を探そうとしていたところ、赤いゲノセクトが現れ、サトシたちを襲う。そのピンチを救ってくれたのは、伝説のポケモン、ミュウツーだった…。



■解説

ピカチュウ・ザ・ムービーと呼ばれる「劇場版ポケットモンスター」第16作目となる本作。ニュートークシティを訪れたサトシたちが、3億年前の化石から蘇った人造ポケモン、ゲノセクトと出会う所から物語が展開していく。人間を恨み、暴走するゲノセクトたちを止めるのは、同じく人造ポケモンのミュウツーだ。人間に対する複雑な思いを抱えるミュウツーはゲノセクトに共感を示しながらも、ゲノセクトと戦おうとするのだ。このミュウツーの声を務めるのは高島礼子。そして、ゲノセクトのリーダーである赤いゲノセクトの声を、ピカチュウ・ザ・ムービーに毎回ゲスト声優として参加している山寺宏一が担当している。併映は『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』。

  • 2013年7月13日 より 全国にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • アニメーション
    • |
    • ファミリー/キッズ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 湯山邦彦 (ユヤマクニヒコ)
アニメーション監修 小田部羊一 (オタベヨウイチ)
脚本 園田英樹 (ソノダヒデキ)
原案 田尻智 (タジリサトシ)
エグゼクティブプロデューサー 浅井認 (アサイミトメ) 福永晋
プロデューサー 盛武源 (モリタケモト) 小田原明子 岡本順哉 (オカモトジュンヤ) 宮原俊雄
アニメーションプロデューサー 神田修吉 (カンダシュウキチ)
スーパーバイザー 石原恒和 (イシハラツネカズ) 久保雅一 (クボマサカズ)
キャラクター・デザイン 一石小百合 (イチイシサユリ) 松原徳弘 (マツバラノリヒロ) 山田俊也 (ヤマダシュンヤ)
総作画監督 毛利和昭 (モウリカズアキ) 佐藤和巳 (サトウカズミ)
音楽 宮崎慎二 (ミヤザキシンジ)
主題歌 いきものがかり (イキモノガカリ)
音響監督 三間雅文 (Masahumi Mima)
ナレーション 石塚運昇 (イシヅカウンショウ)
出演(声) 松本梨香 (マツモトリカ) 大谷育江 (オオタニイクエ) 宮野真守 (ミヤノマモル) 悠木碧 (ユウキアオイ) 林原めぐみ (ハヤシバラメグミ) 三木眞一郎 (ミキシンイチロウ) 犬山イヌコ (イヌヤマイヌコ) 高島礼子 (Takashima Reiko) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 中川翔子 (ナカガワショウコ) 吉村崇 (ヨシムラタカシ) 徳井健太

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!