映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ローラ

ファスビンダー西ドイツ三部作に1本

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ジョゼフ・フォン・サンバーグ監督の名作『嘆きの天使』(30)を1950年代ドイツに置き換え、いなかの歌姫と生真面目な小役人のメロドラマへと大胆に変更したライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作。往年のアメリカ映画へオマージュを捧げつつドイツ成長期の精神的退廃を映像化。室内の場面で赤、黄、緑といった人口光を使用したゴージャスで奇抜な撮影に同性愛者でもあったファスビンダーの美意識が垣間見られる。『マリア・ブラウンの結婚』(79)、『ベロニカ・フォスのあこがれ』(82)と並ぶ西ドイツ三部作。(作品資料より)



■解説



  • 配給:-
  • 製作国:西ドイツ(1981)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー (Rainer Werner Fassbinder)
脚本 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー (Rainer Werner Fassbinder) ペア・フレーリッヒ (Pea Frohlich) ペーター・メルテスハイマー (Peter Marthesheimer)
製作 ホルスト・ヴェンドランド (Horst Wendlandt)
撮影 ザヴィエル・シュワルツェンベルガー (Xaver Schwarzenberger)
音楽 ペール・ラーベン (Peer Raben)

■キャスト

俳優名 役名
バルバラ・スコヴァ (Barbara Sukowa)  Lola
アーミン・ミューラー=スタール (Armin Mueller-Stahl)  Von Bohm
マリオ・アドルフ (Mario Adorf)  Schukert

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!