映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 獣たちの熱い眠り

追放されたプロテニスプレーヤーの復讐劇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

プロテニスの花形プレーヤー三村浩司は親友、中田が長崎で新設したテニスクラブのコート開きに顔を出した。その晩、何軒か飲み歩いた三村は、鳥飼陽子の店「トパーズ」で同席したジューンという女と一夜を伴にした。マゾ的な彼女を責める三村。帰京した三村に岸井という男が訪ねてきた。岸井は三村とジューンのSMプレイのような情事の写真を三千万円で買えと迫る。数日後、三村は岸井に再会すると、百万円だけ渡し、徹底的にブチのめした。翌週の週刊誌は三村のスキャンダルで沸いた。そして、三村のプレーヤー資格は停止となった。三村は自ら事件を解決しようと、長崎へ飛んだ。ジューンのマンションは空室、さらに、中田が岸井らに脅迫され、一枚噛んでいたことも分かった。三村は陽子に釣りに誘われ、船上で岸井と配下の鈴木に襲われるが、返り討ちにすると、陽子にドロを吐かせた。何と、罠を仕掛けた背後に、三村のかっての恋人、清水孝子がおり、黒幕に、国会議員、黒柳の筆頭秘書、野々村の脅しグループがいることをつきとめた。



■解説

恐喝組織の網にかかって選手生活から追放されたプロテニスの花形プレーヤーの復讐を描く。勝目梓の同名の小説の映画化で、脚本は「蘇える金狼」の永原秀一、監督は「野獣死すべし(1980)」の村川透、撮影は「ヨコハマBJブルース」の仙元誠三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1981)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 村川透 (Toru Murakawa)
脚本 永原秀一 (ナガハラシュウイチ)
原作 勝目梓 (カツメアズサ)
企画 矢部恒 荒井修
プロデューサー 坂上順 (サカガミスナオ) 川口義宏 (カワグチヨシヒロ)
撮影 仙元誠三 (Seizo Sengen)
美術 今村力 (イマムラツトム)
音楽 速水清司
主題歌 来栖ANNA
録音 柿沼紀彦 (カキヌマノリヒコ)
照明 渡辺三雄 (ワタナベミツオ)
編集 祖田富美夫 (ソダフミオ)
助監督 下村優 (シモムラユウ)
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)
スタント スリーチェイス
テクニカルアドバイザー トビー門口 (トビーカドグチ)

■キャスト

俳優名 役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)  三村浩司
なつきれい   三村真紀
宇佐美恵子 (Keiko Usami)  鳥飼陽子
風吹ジュン (Fubuki Jun)  清水孝子
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  岸井節男
鹿内孝 (シカウチタカシ)  斉田一郎
阿藤快 (アトウカイ)  鈴木
安岡力也 (Rikiya Yasuoka)  桜井
宮内洋 (ミヤウチヒロシ)  中田明夫
ダーレン   ジューン
滝川潤 (タキガワジュン)  堀井
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)  女トレーナー
佐藤蛾次郎 (サトウガジロウ)  不動産屋の男
山田光一 (ヤマダコウイチ)  精神科医
伊藤慶子 (イトウケイコ)  看護婦
川島一平 (カワシマイッペイ)  週刊誌記者
篠ゆたか (シノユタカ)  カメラマン
スーザン   美人ホステス
水原ゆう紀 (ミズハラユウキ)  マルチーズの女
木村修 (キムラオサム)  広告代理店の男
沢田浩二 (サワダコウジ)  C・Mスタッフ
池波志乃 (イケナミシノ)  エレベータの女
上田幸輔 (ウエダコウスケ)  秘書
峰岸徹 (ミネギシトオル)  白木
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ)  滝田
中丸忠雄 (ナカマルタダオ)  黒柳健策
成田三樹夫 (ナリタミキオ)  野々山
中尾彬 (Akira Nakao)  丸山
伊吹吾郎 (Goro Ibuki)  深町

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!