映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 小さいおうち

一人の女中が見つめた“秘められた愛”の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和11年。田舎から出てきたタキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根を構える平井家のお手伝いさんとして働きはじめる。そこには、主人である雅樹と美しい年下の妻・時子、二人の間に生まれたお坊ちゃまが穏やかに暮らしていた。そんなある日、板倉という青年が家族の前に現れる。奥様の心が彼に傾いていくのを、タキは複雑な思いで見つめ続ける。それから60年後の現代。晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝には、“小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。



■解説

第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、本作が通算82作目の監督作となる名匠・山田洋次が映画化した。山田監督、初めてのラブロマンスでもある話題作だ。舞台は東京郊外の、赤い三角屋根の“小さいおうち”。玩具会社勤務の旦那様とその妻、ふたりの間に生まれた男の子と、仕えて暮らすお手伝いさんの日常を描くとともに、旦那様の会社で働く青年と妻との淡い恋愛事件に秘められた真実が、60年の歳月を経て紐解かれていく。“昭和パート”と“現代パート”のふたつのドラマを織り交ぜながら綴られる、ハートウオーミングかつノスタルジックな筆致は、山田監督の真骨頂だ。松たか子、黒木華、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子ら実力派俳優たちの演技にも、もちろん注目だ。

■スタッフ

監督 山田洋次 (Yoji Yamada)
脚本 山田洋次 (Yoji Yamada) 平松恵美子 (ヒラマツエミコ)
原作 中島京子 (ナカジマキョウコ)
プロデューサー 深澤宏 (フカザワヒロシ) 斎藤寛之 (サイトウヒロユキ)
撮影 近森眞史 (チカモリマサシ)
美術 出川三男 (デガワミツオ) 須江大輔 (スエダイスケ)
音楽 久石譲 (ヒサイシジョウ)
録音 岸田和美 (キシダカズミ)
照明 渡邊孝一
編集 石井巌 (イシイイワオ)

■キャスト

俳優名 役名
松たか子 (Takako Matsu)  平井時子
黒木華 (Haru Kuroki)  布宮タキ(昭和)
片岡孝太郎 (Takataro Kataoka)  平井雅樹
吉岡秀隆 (Hidetaka Yoshioka)  板倉正治
妻夫木聡 (Satoshi Tsumabuki)  荒井健史
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)  布宮タキ(平成)
橋爪功 (Isao Hashizume)  小中先生
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)  小中夫人
室井滋 (Muroi Shigeru)  貞子
中嶋朋子 (Nakajima Tomoko)  松岡睦子
九代目林家正蔵 (ハヤシヤショウゾウ)  治療師
ラサール石井 (ラサールイシイ)  柳社長
あき竹城 (アキタケジョウ)  カネ
松金よね子 (マツカネヨネコ)  花輪の叔母
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru)  酒屋のおやじ
市川福太郎 (イチカワフクタロウ)  平井恭一(少年期)
秋山聡   平井恭一(幼年期)
笹野高史 (Takashi Sasano)  花輪和夫
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  荒井軍治
夏川結衣 (Natsukawa Yui)  荒井康子
木村文乃 (キムラフミノ)  ユキ
米倉斉加年 (Masakane Yonekura)  平井恭一(平成)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!