映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 蟻が空を飛ぶ日

殺し屋として生きる男女の愛

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

健二は東大生として勉強に励み、適当に遊び、他の学生達と変わらない日常を過ごしていた。ただ一つ違うのは彼がまるでアルバイトのように殺しの仕事をこなしている事。それは誰にも知られてはいけないし、知られなければ普通の人間のように幸福に生きることが出来る。彼は自分にそう言い聞かせて偽りの日々を過ごしていた。だがそれは長くは続かなかった。ある日の殺しの仕事。いつものように大道寺をリーダーとする4人のチームで仕事を進め、健二はターゲットの男を一人で追跡していた。だがその男は真紀という女に先に殺されてしまったのだ。美しくも凶暴な不思議な女。彼女は何者なのか?孤独、裏切り、非情な日常の中、運命の糸がやがて二人を結びつけていく。



■解説

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭1992オフシアター部門に出品された映画 『ダイヤモンドの月』で、驚きと衝撃、そして感動を多くの映画ファンに与えた野火明。1996年の『シークレットワルツ』以来の映画作品。バイオレンスの世界を描きながらも、男と女の切ないラブ・ストーリーとなっている。野火明によるオリジナル脚本は5年の歳月をかけ練り込まれ先の見えない意外な展開とスビード感のあるものとなった。主演には『魔弾戦記 リュウケンドー』の白波鋼一役を演じた黒田耕平が東大生の殺し屋・健二を熱演。親の敵を討ち、殺人まで犯す激しい気性の女、真紀を演じるのは折原怜。その強烈な個性は正に真紀そのもの。今回の撮影はハイビジョンカメラを使用し、フォトグラファーでもある監督自身が撮影も担当した。(作品資料より)

  • 2013年3月9日 より K's cinema(レイト)にて

  • 配給:ワイルドファイア
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 野火明 (ノビアキラ)
脚本 野火明 (ノビアキラ)
制作 平井剛
撮影 野火明 (ノビアキラ)
音楽 Dub Master X (ダブマスターエックス)
録音 内田剛史 (ウチダタケシ)
整音 臼井勝 (ウスイマサル)
照明 大久保礼司 (オオクボレイジ)
編集協力 継田淳 (ツギタジュン)
衣裳デザイン 市野沢祐大
ヘアメイク うすいきょうこ (ウスイキョウコ) 佐藤登重子
ガン・エフェクト 富永音夢
CG合成 内田剛史 (ウチダタケシ)

■キャスト

俳優名 役名
黒田耕平 (クロダコウヘイ)  健二
折原怜   真紀
近藤善揮   大道寺
岡本裕輝 (オカモトユウキ)  間中
蓮尾卓美   吉倉
白井妙美   清美
まつだ壱岱 (マツダイチダイ)  山下
タニモトユキコ (タニモトユキコ)  麗子
鈴木海菜  
佐藤博行 (サトウヒロユキ)  清岡
上村愛香 (Kamimura Aika)  景子
野口雅弘 (ノグチマサヒロ) 
安保達  
横田裕昌  
吉金嶺 (ヨシカネレイ) 
辻岡正人 (ツジオカマサト) 
屋宮一三 (オクミヤイチゾウ) 
片山史雄  
洪明花 (ホンミョンファ) 
内田和幸  
三宅和樹 (ミヤケカズキ) 
萩原正道 (ハギワラマサミチ) 
池田稔 (イケダミノル) 
早瀬茉里美  
泉水美和子 (イズミミワコ) 
白神馨之 (シラガケイシ) 
村上瞬  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!