映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • もうひとりのシェイクスピア

“シェイクスピア別人説”を描く歴史ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

16世紀のイングランド。エリザベス一世統治下のロンドン。宰相として権力を振るい、王位継承者にスコットランド王ジェームスを据えようと企むウィリアム・セシル卿は芝居を忌み嫌い、それが民衆にもたらす力を恐れて弾圧する。それを目の当たりにしたオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアは、セシルの陰謀に反抗するように、自作の戯曲を劇作家のジョンソンに託し匿名で上演させる。芝居は喝采で民衆に迎えられるが…。



■解説

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』などのハリウッド大作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、シェイクスピア別人説に想を得た歴史ミステリー。18世紀に始まったその論争の中で最も有力とされている、第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアが真の作者であったという説に立ち、「なぜ彼がその真実を隠さねばならなかったのか」を主題にしながら、愛と陰謀渦巻く宮廷を巻き込んだ歴史のうねりを描いている。シェイクスピアの影武者の伯爵を演じるリス・エヴァンスやデヴィッド・シューリス、ヴァネッサ・レッドグレイヴなど、イギリスを代表する名優が勢ぞろいして壮観だ。

  • 2012年12月22日 より TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて

  • 配給:ファントム・フィルム
  • 製作国:イギリス=ドイツ(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ローランド・エメリッヒ (Roland Emmerich)
脚本 ジョン・オーロフ (John Orloff)
製作総指揮 フォルカー・エンゲル (Volker Engel) ジョン・オーロフ (John Orloff) マーク・ワイガート (Marc Weigert)
製作 ローランド・エメリッヒ (Roland Emmerich) ラリー・J・フランコ (Larry J. Franco) ロバート・ルジャー (Robert Leger)
共同製作 クリストフ・フィッサー (Christoph Fisser) クリステン・ウィンクラー (Kirstin Winkler) チャーリー・ウォーケン (Charlie Woebcken)
撮影 アンナ・J・フォースター (Anna J. Foerster)
美術 セバスチャン・クラウィンケル (Sebastian Krawinkel)
音楽 ハラルド・クローサー (Harald Kloser) トーマス・ワンカー (Thomas Wanker)
編集 ペーター・R・アダム (Peter R. Adam)
衣裳デザイン リジー・クリストル (Lisy Christl)
作曲 トマス・ワンダー (Thomas Wander) ハラルド・クローサー (Harald Kloser)
SFX/VFX/特撮 マーク・ワイガート (Marc Weigert)
ナレーション デレク・ジャコビ (Derek Jacobi)

■キャスト

俳優名 役名
リス・エヴァンス (Rhys Ifans)  Earl of Oxford
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Vanessa Redgrave)  Queen Elizabeth I
ジョエリー・リチャードソン (Joely Richardson)  Young Queen Elizabeth I
デイヴィッド・シューリス (David Thewlis)  William Cecil
ゼイヴィア・サミュエル (Xavier Samuel)  Earl of Southampton
セバスチャン・アルメストロ (Sebastian Armesto)  Ben Jonson
レイフ・スポール (Rafe Spall)  William Shakespeare
エドワード・ホッグ (Edward Hogg)  Robert Cecil
ジェイミー・キャンベル=バウアー (Jamie Campbell Bower)  Young Earl of Oxford

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!