映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 娘と私

堀川弘通が監督した親娘の愛情を描いたもの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

岩谷の娘麻理は大正十四年八月二十六日、横浜の産院で生まれた。妊娠八ヵ月の時に日本に帰り横浜で麻理を分娩したのは岩谷が三十一、妻のエレーヌが二十七の時である。岩谷の最初の妻であるエレーヌはフランス人で、中部フランスの小さな町の小学校長の娘であった。帰国した当時、子供をかかえきまった職もない岩谷は遺産を売って家族を養っていたが、それも次第に底をつき経済的に不安な日々が続いた。やがて岩谷の仕事も増え、ようやく経済的に安定したころには、麻理も六つの新年を迎えた。そんなある日、エレーヌは病気にたおれた。妻をフランスの実家で療養させるため、岩谷は麻理を姉夫婦にあずけてフランスへと旅立った。



■解説

獅子文六の原作を、広沢栄が脚色。「猫と鰹節」の堀川弘通が監督した親娘の愛情を描いたもの。撮影は「小早川家の秋」の中井朝一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1962)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 堀川弘通 (Hiromichi Horikawa)
脚色 広沢栄 (Sakae Hirosawa)
原作 獅子文六 (シシブンロク)
製作 佐藤一郎 (Ichiro Sato) 椎野英之 (シイノヒデユキ)
撮影 中井朝一 (Asakazu Nakai)
美術 小野友滋
音楽 池野成
録音 酒井栄三 (サカイエイゾウ) 西尾昇 (ニシオノボル)
照明 今泉千仭
編集 岩下廣一 (Koichi Iwashita)
製作担当者 内山甲子郎 (ウチヤマコウシロウ)
助監督 秦幸三郎 (ハタコウザブロウ)
スチル 大谷晟

■キャスト

俳優名 役名
山村聡 (ヤマムラソウ)  岩谷士郎
小橋玲子 (コハシレイコ)  岩谷麻理(8歳〜10歳)
星由里子 (Hoshi Yuriko)  岩谷麻理(16歳〜24歳)
フランソワーズ・モレシャン   岩谷エレーヌ
原節子 (Hara Setsuko)  岩谷千鶴子
杉村春子 (スギムラハルコ)  北川きよ
キャラン・ドロウ   リシェール
松村達雄 (マツムラタツオ)  植村
古今亭今輔 (ココンテイイマスケ)  大観堂
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)  渡辺
三津田健 (ミツダケン)  千鶴子の父
東野英治郎 (Eijiro Tono)  ひがん花の親爺
滝田裕介 (タキタユウスケ)  病院の先生
菅井きん (スガイキン)  日本人の尼僧

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!