映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”

愛することは 生きること

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

日本の食に提言を続ける料理家・辰巳芳子。彼女が病床の父のために工夫を凝らして作り続けたスープは、やがて人々を癒す「いのちのスープ」と呼ばれるようになり多くの人々が深い関心を寄せている。いのちの始まりに母乳があり、終わりに唇をしめらす末期の水がある。人の命は絶えることのない水の流れに寄り添って健やかに流れる。辰巳芳子のスープにも長い物語がある。調理以前は、海・田畑など日本の風土が生み出す生産の現場。調理後にはスープを口にする家庭や施設、病院など多様な人の絆が見えてくる。脳梗塞で倒れ、嚥下障害(えんげしょうがい)により食べる楽しみを奪われた父。その最後の日々を、母と娘が工夫した様々なスープが支えた。それがいのちのスープの原点だった。(作品資料より)



■解説



  • 2012年11月3日 より 東京都写真美術館ほか全国にて

  • 配給:環境テレビトラスト
  • 製作国:日本(2012)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 河邑厚徳 (カワムラアツノリ)
脚本 河邑厚徳 (カワムラアツノリ)
プロデューサー 小泉修吉 (コイズミシュウキチ)
音楽 吉田潔 (ヨシダキヨシ)
朗読 草笛光子 (Kusabue Mitsuko)
ナレーション 谷原章介 (Shosuke Tanihara)

■キャスト

俳優名 役名
辰巳芳子  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!