映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • カミハテ商店

人生の最期に、牛乳とコッペパン

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

山陰の港町、上終(カミハテ)で、亡くなった母が残した店を守り、毎朝、コッペパンを焼いて暮らす千代。近くの断崖は、自殺の名所と言われ、見知らぬ人が1人でこの町に来ると、大抵は、生きて帰らない。自殺する人は、最期に牛乳とコッペパンを買うとネットで噂になり、冷やかしで店に訪れる客もいた。千代の父親もその断崖で死んだ。「死にたい人は死ねばいい」と呟きながら、千代は、自分が焼くコッペパンを憎んでいた…。



■解説

寂れた港町で、古い店を営みながら、ひっそりと暮らす初老の女性が抱える孤独を描く。セリフがほとんどない中で、生きる本質を語る。活気のない田舎町に暮らす千代は、惰性で繰り返される日常と、自分が焼くコッペパンを「自殺する人が最期に食べる」という噂に、希望を失っている。しかし、そんな救いようのない毎日でも、少しずつ何かが変わる。どんな人間でも生きさえいれば、幸せなのだと千代は気づいていく。自殺という重いテーマでありながら、物語は温かく、ユーモラスでさえある。人生に絶望しきった千代がかすかに見せる笑顔が心に沁みる。主演は、本作が23年ぶりの主演映画となる高橋恵子。監督は、本作が長編デビューの山本起也。

  • 2012年11月10日 より 渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:マジックアワー+北白川派
  • 製作国:日本(2012)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山本起也 (ヤマモトタツヤ)
脚本 山本起也 (ヤマモトタツヤ) 水上竜士 (Ryushi Mizukami)
プロデューサー 高橋伴明 (Banmei Takahashi) 林海象 (Kaizo Hayashi) 有吉司 古賀俊輔 (コガシュンスケ) 福岡芳穂 (フクオカヨシホ)
撮影 小川真司 (オガワシンジ)
美術 丸山裕司 (Hiroshi Naruyama)
装飾 嵩村裕司 (Yuji Kasamura)
音楽 谷川賢作 (タニカワケンサク)
録音 浦田和治 (ウラタカズハル)
照明 倉田修次
編集 鈴木歓 (スズキカン)

■キャスト

俳優名 役名
高橋惠子 (タカハシケイコ)  森田千代
寺島進 (Susumu Terajima)  森田良雄
あがた森魚 (アガタモリオ)  運転手
水上竜士 (Ryushi Mizukami)  須藤昌幸
松尾貴史 (マツオタカシ)  酔客
深谷健人   奥田智
平岡美保   さわ
ぎぃ子 (ギィコ)  水原えり
土村芳   松本明日香
大西礼芳 (オオニシアヤカ)  鎌田

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!