映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 黒駒勝蔵 明治維新に騙された男

愛川欽也製作・監督・脚色・主演の時代劇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

徳川300年の歴史に終わりを告げ、明治という新しい時代の波が訪れた時代、黒駒勝蔵(愛川欽也)という渡世人がいた。勝蔵は情に弱くて涙もろく、騙されやすい男だったが、6、70人の子分を抱える関東甲信越の大親分で、甲州から駿州、遠州までその名を轟かせていた。



■解説

吉永仁郎の小説『勤皇やくざ瓦版』を、「トラック野郎」シリーズの俳優・愛川欽也が製作・監督・脚色・主演の4役を務め映画化した時代劇。官軍側について戊辰戦争に参加した甲州博徒の大親分・黒駒勝蔵の生き様を描く。共演は、「昭和の紅い灯」の任漢香、「いつも二人」の森朝子、OV『禁断の女子刑務所』の田村耕一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 愛川欽也 (Kinya Aikawa)
脚色 愛川欽也 (Kinya Aikawa)
原作 吉永仁郎 (ヨシナガジロウ)
製作 愛川欽也 (Kinya Aikawa)
撮影 長田勇市 (ナガタユウイチ)
美術 山崎輝 (ヤマザキヒカル)
音楽 姫神 (ヒメシン)
録音 福田伸 (フクダシン)
編集 小林由加子 (コバヤシユカコ)
助監督 増田天平 (マスダ)
記録 竹田宏子

■キャスト

俳優名 役名
愛川欽也 (Kinya Aikawa) 
任漢香 (ニンカンカ) 
森朝子 (モリアサコ) 
田村耕一 (タムラコウイチ) 
岩澤亮司 (イワサワリョウジ) 
赤塚真人 (Makoto Akatsuka) 
若林哲行  
小野了 (オノリョウ) 
大林丈史 (オオバヤシタケシ) 
小西康久 (コニシヤスヒサ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!