映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 父よ母よ!

問題を起す子供たちを記者の眼を通して描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

江美の父は一流企業に勤める神経質な性格、母は人の心の痛みを気にしないタイプの人間だった。親の愛に飢えていた江美は、幼い頃から大人にかまってもらいたくてよく泣いた。中学生になると、彼女は髪を染め、マニキュアを塗り、夜の闇にさまよい出ていく。やがて、彼女はディスコで俊二という、やはり冷たい家庭で育った少年と知り合った。その三日後、オートバイ狂の俊二は事故で死んでしまう。二人の間にどんな魂のふれあいがあったのか。江美はこの少年についてあまり語らず、少年の死を機に彼女の反抗はエスカレートしていく。淳一の父は関西で手広く商売する会社の社長だ。淳一は幼稚園の頃から自立の芽をつまれ、過保護に育った。淳一の反抗は中学二年でピークをむかえ、暴力をふるい部屋に閉じ込もる。



■解説

問題行動を起す子供たちは、親や社会に何を訴えたいのだろうか。大人社会の中で、悩み、迷い、傷つく少年少女たちのエピソードを、取材する新聞記者の眼を通してドキュメンタリータッチで描く。齋藤茂男の同名の原作の映画化で、脚本、監督は「衝動殺人 息子よ」の木下恵介、撮影は「夜叉ヶ池」の小杉正雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1980)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 木下惠介 (Keisuke Kinoshita)
脚本 木下惠介 (Keisuke Kinoshita)
原作 齋藤茂男 (サイトウシゲオ)
製作 沢村国男 (サワムラクニオ) 斎藤守恒
撮影 小杉正雄 (コスギマサオ)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 木下忠司 (キノシタタダシ)
録音 島田満 松本隆司 (Ryuji Matsumoto)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 杉原よ志 (スギハラヨシ)
助監督 横堀幸司 (ヨコボリコウジ)
スチール 野上哲夫

■キャスト

俳優名 役名
三原じゅん子 (ミハラジュンコ)  多喜子
滝沢美幸 (タキザワミユキ)  未沙
吉田康子 (ヨシダヤスコ)  阿矢子
夏江麻岐 (ナツエマキ)  江美
原千明 (ハラチアキ)  俊二
入江則雅 (イリエノリマサ)  淳一
佐藤敏江 (サトウトシエ)  由香里
水野広 (ミズノヒロシ)  喜久蔵
岡元達哉 (オカモトタツヤ)  幸夫
石田純一 (イシダジュンイチ)  冬樹
斉藤とも子 (サイトウトモコ)  織江
加藤剛 (Go Kato)  新聞記者
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)  阿矢子の母
中野誠也 (ナカノセイヤ)  P先生
奈良岡朋子 (Naraoka Tomoko)  俊二の母
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  俊二の母の男
田村高廣 (Takahiro Tamura)  淳一の父
岩崎加根子 (イワサキカネコ)  淳一の母
河原崎国太郎 (カワラサキクニタロウ)  児童心理学者
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  浅川先生

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!