映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • あげまん

ツキを呼ぶ女“あげまん”の生きる道

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

捨て子のナヨコは、中学卒業後に芸者の道を進み、成長して僧侶・多聞院に水揚げされる。ナヨコと生活を共にするようになった僧侶は、みるみる位が高まり、ナヨコはあげまんと噂されるようになる。だが、多聞院が間もなく病死。その後、知人の経営する銀行に身を寄せていたナヨコは、銀行員の鈴木主水と知り合いお互い好意を寄せ結ばれる。しかし、出世街道を走り始めた主水は、更なる出世のために瑛子という女性と婚約してしまう。主水に捨てられたナヨコは、以前よりナヨコのあげまんに目をつけていた政界の黒幕である大蔵善武を訪ねるが・・・。



■解説

ツキをもたらす女の“あげまん”と彼女に関わる男性たちの姿をユーモラスに描いた伊丹十三監督の第5作目。伊丹監督が長い間続けてきた、日本の男性・女性への考察をもとに作り上げた作品で、『タンポポ』『マルサの女』『マルサの女2』に続き大ヒットを記録し、“あげまん”は公開当時の流行語にもなった。主演は伊丹監督作品全てで主演を務めてきた宮本信子。共演は津川雅彦、金田龍之介。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1990)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • コメディ

■スタッフ

監督 伊丹十三 (Juzo Itami)
脚本 伊丹十三 (Juzo Itami)
製作 玉置泰
プロデューサー 細越省吾
撮影 山崎善弘 (ヤマザキヨシヒロ)
美術 中村州志 (ナカムラシュウジ)
音楽 本多俊之 (ホンダトシユキ)
音楽プロデューサー 立川直樹 (Naoki Tachikawa)
録音 小野寺修 (オノデラオサム)
照明 加藤松作 (カトウショウサク)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
助監督 久保田延廣 (クボタノブヒロ)
スチール 藤沢俊夫
製作協力 細越省吾事務所

■キャスト

俳優名 役名
宮本信子 (Miyamoto Nobuko)  ナヨコ
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  鈴木主水
大滝秀治 (Hideji Otaki)  千々岩
金田龍之介 (カネダリュウノスケ)  多聞院
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  多聞院の母リン
菅井きん (スガイキン)  養母
三田和代 (ミタカズヨ)  雛子
ミツコ (Mitsuko)  暎子
洞口依子 (Doguchi Yoriko)  純子
南麻衣子 (ミナミマイコ)  サヨリちゃん
黒田福美 (クロダフクミ)  清香
橋爪功 (Isao Hashizume)  寿
高瀬春奈 (タカセハルナ)  毛皮屋の女主人
杉山とく子 (スギヤマトクコ)  料亭のおかみ
柳谷寛 (ヤナギヤカン)  養父
横山道代 (Michiyo Yokoyama)  多聞院の女房
関弘子 (セキヒロコ)  新亀千代のおかみ
矢野宣 (ヤノセン)  蛭田次長
北見治一 (キタミハルカズ)  坊さん甲
久保晶 (クボアキラ)  坊さん乙
加藤善博 (カトウヨシヒロ)  瀬川菊之丞
内田あかり (ウチダアカリ)  オートクチュール女主人
柴田美保子 (シバタミホコ)  映画の中の付き添いの女
不破万作 (フワマンサク)  夢の首斬役人
上田耕一 (Koichi Ueda)  カメラの男
押阪忍   医者
東野英治郎 (Eijiro Tono)  総理
猿若清方   踊りの師匠
北村和夫 (Kazuo Kitamura)  鶴丸
宝田明 (Akira Takarada)  犬飼
島田正吾 (Shogo Simada)  大倉善武

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!