映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ふがいない僕は空を見た

  • R-18

本屋大賞・山本周五郎賞受賞作品の映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

助産院を営む母子家庭で育った高校生・卓巳は、あんずと名乗るアニメ好きの主婦・里美にナンパされ、コスプレをした情事を重ねていた。しかし同級生から告白されたことをきっかけに、卓巳は里美と別れる決意をする。里美は子作りを求める姑と頼りにならない夫との生活の中で、卓巳との情事だけが心の拠り所だった。一方、卓巳の友人の福田は、コンビニでバイトをしながら、出口の見えない貧しさに絶望を感じていた。



■解説

2011年本屋大賞2位、2010年本の雑誌が選ぶベスト10の1位に選ばれ、山本周五郎賞を受賞した窪美澄の小説を映画化。原作は主人公が異なる5つの短編からなる連作だが、映画はそれを1本にまとめあげた。そのため主婦と不倫関係の高校生の話と思って観ていると、突然その友人が主人公になったり、また時間が巻き戻って同じ場面が別の視点で語られたりする。共通するのは、出てくる人たちはみなふつうに生きたいのに、周りの状況に追い込まれてしまうのだ。各キャラクターは、脇役に至るまでその過去や背景が感じられる人たちばかり。俳優たち力もあるが、これは脚本を活かした演出力が大きい。監督は『百万円と苦虫女』のタナダユキ。“性”に始まり、“生”につながる視点は、原作も監督も女性ならではのものだろう。力作。

  • 2012年11月17日 より テアトル新宿ほか全国にて

  • 配給:東京テアトル
  • 製作国:日本(2012)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 タナダユキ (Yuki Tanada)
脚本 向井康介 (ムカイコウスケ)
原作 窪美澄 (クボミスミ)
エグゼクティブプロデューサー 加藤和夫 (カトウカズオ)
製作 福原英行 (フクハラヒデユキ) 古玉國彦
プロデューサー 佐藤現 木村俊樹 (キムラトシキ)
撮影 大塚亮 (オオツカリョウ)
美術 松塚隆史 (マツヅカタカシ)
音楽 かみむら周平 (カミムラシュウヘイ)
音楽プロデューサー 津島玄一 (ツシマゲンイチ)
録音 土屋和之 (ツチヤカズユキ)
編集 宮島竜治 (ミヤジマリュウジ)
キャスティングディレクター 杉野剛 (スギノツヨシ)
ライン・プロデューサー 坂井正徳
制作担当 鎌田賢一 (カマタケンイチ)
助監督 加藤文明 (カトウ)

■キャスト

俳優名 役名
永山絢斗 (Kento Nagayama)  斉藤卓巳
田畑智子 (Tabata Tomoko)  岡本里美
窪田正孝 (Masataka Kubota)  福田良太
小篠恵奈 (コシノエナ)  あくつ純子
田中美晴 (タナカミハル)  松永七菜
三浦貴大 (Takahiro Miura)  田岡良文
銀粉蝶 (Ginpuncho)  岡本マチコ
原田美枝子 (Mieko Harada)  斉藤寿美子
梶原阿貴 (カジワラアキ)  長田光代
吉田羊 (ヨシダヨウ)  西村あや
藤原よしこ (フジワラヨシコ)  野村先生
山中崇 (ヤマナカタカシ)  岡本慶一郎
山本浩司 (ヤマモトヒロシ)  有坂研二
峯村リエ (ミネムラリエ) 
安藤聖 (アンドウセイ) 
池谷のぶえ (イケタニノブエ) 
田村健太郎 (タムラケンタロウ) 
上野綾子 (ウエノアヤコ) 
渋谷謙人 (シブヤカネト) 
西田奈津美 (ニシダナツミ) 
石橋義正 (Yoshimasa Ishibashi) 
山本政志 (ヤマモトマサシ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!