映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 最終目的地

ここから始まる未来のページ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

コロラド大学で文学を教えるオマー・ラザキは、自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆に将来のキャリアをかけて取り組もうと計画を立てるが、遺族から公認を断られてしまう。恋人ディアドラの助言で遺族を説得するために南米ウルグアイに向かったオマーを待っていたのは、人里離れた屋敷で奇妙な共同生活を送る未亡人キャロライン、愛人アーデンとその娘ポーシャ、ユルスの兄アダムとパートナーのピートだった。



■解説

冒頭、流砂に足を取られて身動きができない青年オマーは、未知の国ウルグアイで異なる出自を持ちながら家族として暮らす人々に出会った事から自立への道を歩み始める。そして、青年の突然の訪問を受けた家族もまた、ここが行き止まりだと諦めていた人生の新しいページを開く。アンソニー・ホプキンス、ローラ・リニー、シャルロット・ゲンズブールに、真田広之も加わった国際派キャスト陣が絶妙なアンサンブルを奏でる本作は、米国の現代作家ピーター・キャメロンの同名小説が原作。『眺めのいい部屋』『日の名残り』など数々の文芸作品を誇る名匠ジェームズ・アイヴォリーが繊細でエレガントな新たな名作を生み出した。

  • 2012年10月6日 より シネマート新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:ツイン
  • 製作国:アメリカ(2008)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェームズ・アイヴォリー (James Ivory)
脚本 ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
原作 ピーター・キャメロン (Peter Cameron)
製作 ポール・ブラッドレイ (Paul Bradley) ピエール・プロネル (Pierre Proner)
共同製作 リチャード・ホーレイ (Richard Hawley)
撮影 ハヴィエル・アギレサロベ (Javier Aguirresarobe)
美術 アンドリュー・サンダース (Andrew Sanders)
音楽 ホルヘ・ドレクスレル (Jorge Drexler)
衣裳デザイン キャロル・ラムジー (Carol Ramsey)

■キャスト

俳優名 役名
アンソニー・ホプキンス (Anthony Hopkins)  Adam
ローラ・リニー (Laura Linney)  Caroline
シャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg)  Arden Langdon
オマー・メトワリー (Omar Metwally)  Omar Razaghi
真田広之 (Hiroyuki Sanada)  Pete

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!