映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 白昼の惨殺

梅津明治郎が監督したアクションもの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

建築設計界で巨星とうたわれる龍造寺は、マニラ美術館設計のため現地に向う前夜、「お嬢さんを預かる」との謎の電話を受けた。彼は、ここで、かつての部下時岡英次が、設計図のほとんどを代筆していたいきさつを考えずにはいられなかった。マニラの仕事も、今は独立している英次が八分通り完成させた時、龍造寺は例により「買おう」と出てきっぱりと断わられていた。しかし数日後英次は何者かにより拉致され、設計図も盗まれたことが分った。娘奈美は無事に戻ってきた。誘拐犯人は英次ではなかったという。龍造寺は再びその男から呼出しを受け、国立競技場の前で、豊島建設社長の用心棒に守られて、男を待った。一台の車が矢のように走ってきた。一瞬の後、龍造寺は連れ去られていた。その男は「おれは敬太だ、英次の兄だ」と名のり、車は一路東海道を疾走していった。その頃英次はすでに亡く、海の見える墓地で眠っていたのだ。



■解説

「男の顔は履歴書」の星川清司がシナリオを執筆し、「さよなら列車」の梅津明治郎が監督したアクションもの。撮影はコンビの加藤正幸。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1967)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 梅津明治郎 (ウメツメイジロウ)
脚本 星川清司 (ホシカワセイジ)
製作 斎藤芳朗 (サイヨウヨシオ) 瀬島光雄 (セジマミツオ)
撮影 加藤正幸 (カトウマサユキ)
美術 宇野耕司 (ウノコウジ)
音楽 真鍋理一郎 (マナベリイチロウ)
録音 小尾幸魚 (オビサチオ)
照明 八亀実
編集 石井巌 (イシイイワオ)
スチール 赤井博且 (アカイヒロカツ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤昇 (アンドウノボル)  時岡敬太
平井昌一 (ヒライショウイチ)  時岡英次
川口小枝 (カワグチサエダ)  村井高子
伊藤雄之助 (イトウユウノスケ)  龍造寺修
新藤恵美 (シンドウエミ)  龍造寺直美
山茶花究 (サザンカキュウ)  豊島泰造
石山健二郎 (イシヤマケンジロウ)  園原義一郎
川辺健三 (カワベケンゾウ)  中田
稲垣隆 (イナガキタカシ)  山木
高宮敬二 (タカミヤケイジ)  青木警部
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ)  平井記者
細川俊夫 (ホソカワトシオ)  捜査課長
松本朝夫 (マツモトアサオ)  江藤刑事
砂塚秀夫 (スナヅカヒデオ)  下級船員
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  安食堂のおやじ
加藤嘉 (カトウヨシ)  大学総長
荒井千津子 (アライチヅコ)  女秘書

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!