映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 源氏物語('66)

“源氏物語”を武智鉄二が監督した風俗もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

その子冷泉帝の擁立につれ太政天皇となった光源氏は、愛人紫の上をさしおいて、朱雀院の第三皇女三の宮を妻に迎えたが、やがて生まれた子は、三の宮と頭中将の息子柏木の間に生まれた子供であった。源氏は、今更に若い頃のあやまちの数々を思い、今、自分にかえって来たことを知るのであった。父桐壷帝の妻藤壷に、思慕を寄せる源氏は、どこか気位の高い妻葵に満たされぬものを人妻に求めていった。伊予介の妻空蝉の許へしのぶ源氏は、その娘軒端萩とも一夜を契った。源氏は以前から年上の六条御息所を愛人としていた。六条御息所は、源氏の愛をつなぐため財産を源氏に捧げたが、源氏は言葉巧みに女を遍歴した。遊女宿の女夕顔、そして義母への愛を断ちがたく藤壷の寝所にしのんだ源氏は、母であることを忘れた藤壷を抱きしめるのであった。やがて源氏の子を生んだ藤壷は、桐壷帝の心情を思い涙を流した。一方源氏の恋心を恨んだ六条御息所は、源氏と契りを結ぶ女を次ぎ次ぎと呪い殺した。葵の上が皇子を生むと、変死を遂げたのも、その精とされた。



■解説

紫式部の“源氏物語”を「黒い雪」の武智鉄二が脚色、監督した風俗もの。撮影は渡辺静郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 武智鉄二 (タケチテツジ)
脚本 武智鉄二 (タケチテツジ)
製作 武智鉄二 (タケチテツジ)
撮影 渡辺静郎
美術 大森実 (オオモリミノル)
音楽 千葉祐久
録音 田中一孝 (タナカカズタカ)
照明 海野義雄 (ウンノヨシオ)
編集 金子半三郎
スチル 長谷川元吉 (ハセガワゲンキチ)

■キャスト

俳優名 役名
花ノ本寿 (ハナノモトコトブキ)  光源氏
花川蝶十郎 (ハナカワチョウジュウロウ)  桐壷帝
志賀山章 (シガヤマアキラ)  朱雀帝
中村孝雄 (ナカムラタカオ)  柏木衛門督
和田浩治 (ワダコウジ)  頭の中将
茂山千之丞 (シゲヤマセンノジョウ)  惟光
菅原通済 (スガワラツウサイ)  横河僧正
芦川いづみ (アシカワイヅミ)  藤壷女御
月まち子 (ツキマチコ)  王命婦
浅丘ルリ子 (Asaoka)  紫の上
柏美紗 (カシワミサ)  女三の宮
香月美奈子 (カヅキミナコ)  葵の上
松井康子 (マツイヤスコ)  空蝉
川口牡丹 (カワグチボタン)  中将
紅千登世 (クレナイチトセ)  軒端萩
北条きく子 (ホウジョウキクコ)  夕顔
西崎緑 (ニシザキミドリ)  大和撫子
川口秀子 (カワグチヒデコ)  六条御息所
八代真矢子 (ヤシロマヤコ)  朧月夜
川口小枝 (カワグチサエダ)  明石の上
山本陽子 (ヤマモトヨウコ)  明石女御

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!