映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ピラニア リターンズ

  • R-18

凶暴なピラニアたちが血に染めた惨劇、再び

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

古代のピラニアが地底湖から蘇り、スプリング・ブレイクを惨劇に陥れてから1年。湖は封鎖されてしまうが、ヤツらは新たなすみかを求め、オープン間近のウォーター・パーク「ビッグ・ウェット」の付近に移動してくる。そこはお気楽な若者たちがバカ騒ぎできるいろいろな仕掛けが施された楽しい人工プールだったが、近くの湖にピラニアが潜んでいるとは知らず湖水を吸い上げてしまう。やがてプールは阿鼻叫喚の地獄に変貌して…。



■解説

一部で熱狂的な支持を受けた『ピラニア3D』から1年。ピラニアはより獰猛に、より過激に!人間はよりおバカに、よりエロく、パワーアップしての続編の登場だ。舞台を湖畔のリゾートから人口のウォーター・パークに移し、「こんな場所にピラニアが…」という意外性を追求した設定に、金儲けと享楽しか頭にない大人たちと、問題に気付いて大惨事を避けようと奮闘するヒロインとそのボーイフレンドたち、という“定番”とのコントラストがミソ。『ベイウォッチ』のデイヴィッド・ハッセルホフが本人役で登場し、セルフパロディで笑いを誘うかと思えば、ヴィング・レイムスの不死身ぶりに大爆笑したりと、ファンをニヤリとさせるポイントは多数。

  • 2012年7月14日 より ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて

  • 配給:ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオン
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • ホラー
    • |
    • パニック
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジョン・ギャラガー (John Gulager)
脚本 パトリック・メルトン (Patrick Melton) マーカス・ダンスタン (Marcus Dunstan) ジョエル・ソアソン (Joel Soisson)
製作 マーク・カントン (Mark Canton) ジョエル・ソアソン (Joel Soisson) マーク・トベロフ (Marc Toberoff)
キャラクター創造・原案 ピーター・ゴールドフィンガー (Peter Goldfinger) ジョシュ・ストールバーグ (Josh Stolberg)
撮影 アレクサンダー・レーマン (Alexandre Lehmann)
音楽 エリア・クミラル (Elia Cmiral)
字幕 岡田壯平 (Sohei Okada)

■キャスト

俳優名 役名
ダニエル・パナベイカー (Danielle Panabaker)  Maddy
マット・ブシェル (Matt Bushell)  Barry
デイヴィッド・コークナー (David Koechner)  Chet
クリス・ジルカ (Chris Zylka)  Kyle
カトリーナ・ボウデン (Katrina Bowden)  Shelby
ゲイリー・ビジー (Gary Busey)  Clayton
クリストファー・ロイド (Christopher Lloyd)  Mr. Goodman
デイヴィッド・ハッセルホフ (David Hasselhoff)  David Hasselhoff
ヴィング・レイムス (Ving Rhames)  Deputy Fallon

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!