映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ユナイテッド−ミュンヘンの悲劇−

実際にあったマンUの悲劇とその復活の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1956年、英国の強豪マンチェスター・ユナイテッドに入団して数年たつが、いまだにスタメンに定着できないボビー・チャールトンは、チーフコーチのジミー・マーフィーのはげましを受け、ようやく念願のスタメン入りで2ゴールを決める。チームは快進撃を続け、リーグ優勝し、チャンピオンズカップへの出場を果たす。しかしベオグラード戦での帰途、選手たちを乗せた飛行機がミュンヘンで事故を起こし、主力選手の多くが帰らぬ人となってしまう。クラブの存続が危ぶまれる中、ジミーのもと新たなチーム作りが始まった。



■解説

スター選手を続々と輩出する、イングランドの名門チームのマンチェスター・ユナイテッド。サッカークラブの資産価値ランキングでも全世界トップというチームだが、今から半世紀前、その存続が危ぶまれる事故があった。本作はその飛行機事故に遭い、生還しながらも強いショックを受けた選手ボビー・チャールトン(のち主将)、そして事故で負傷したバスビー監督に代わってチーム再生にかけたコーチのジミー・マーフィーの2人を軸に、チームにとっては史上最悪の事故の前後を描いた作品だ。スター俳優は出ておらず、また、イギリス映画らしく派手さはないが、その堅実な造りには好感が持てる。現在のマンUファンにとっても、クラブの成り立ちを知る上で必見の映画だろう。

  • 2012年7月7日 より K's cinema、シアターN渋谷ほか全国にて

  • 配給:ゴー・シネマ
  • 製作国:イギリス(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェームズ・ストロング (James Strong)
脚本 クリス・チブナル (Chris Chibnall)
製作 ジュリア・スタナード (Julia Stannard)
撮影監督 クリストファー・ロス (Christopher Ross)
美術監督 エドワード・トーマス (Edward Thomas)
音楽 クリント・マンセル (Clint Mansell)
主題曲/主題歌 ポール・ウェラー (Paul Weller)

■キャスト

俳優名 役名
ディヴィッド・テナント (David Tennant) 
ダグレイ・スコット (Dougray Scott) 
ジャック・オコンネル (Jack O'Connell) 
サム・クラフリン (Sam Claflin) 
ディーン・アンドリュース (Dean Andrews) 
ケイト・アシュフィールド (Kate Ashfield) 
デイヴィッド・カルダー (David Calder) 
ニール・ダッジオン (Neil Dudgeon) 
ティム・ヒーリー (Tim Healy) 
メラニー・ヒル (Melanie Hill) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!