映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 雨さえも ボリビアの熱い一日

    (原題:Tambien La Lluvia)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

映画監督のセバスティアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプロデューサーのコスタ(ルイス・トサル)は、新大陸の発見者クリストバル・コロンを描く映画撮影のため、スタッフとともにボリビアのコチャバンバを訪れる。折しも現地では、欧米企業による横暴な水道事業の独占によって、多くの住民が水道料金の大幅値上げに苦しめられていた。大勢のエキストラ応募者の中から、スタッフの目にとまった先住民族のダニエル(フアン・カルロス・アジュビリ)は、映画の撮影の合間に抗議運動に参加。映画の資金源である投資家の目を気にするコスタは、彼の行動に難色を示し、映画に専念するよう諭すのだが…。



■解説

ボリビアを訪れたスペインの映画スタッフの目を通し、欧米企業に牛耳られた水道事業により苦しめられる住民の悲劇を描いた社会派ドラマ。監督は「エル・スール」のエストレリャ役で日本に紹介された女優のイシャー・ボライン。出演は、ルイス・トサル、ガエル・ガルシア・ベルナル、カラ・エレハルデほか。2011年ゴヤ賞助演男優賞(カラ・エレハルデ)、2011年ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞作品。2011年9月15日より、東京・新宿バルト9にて開催された「第8回 ラテンビート映画祭」にて上映。

  • 2011年9月16日 より

  • 製作国:スペイン フランス メキシコ(2010)

■スタッフ

監督 イシャー・ボライン (Iciar Bollain)
脚本 ポール・ラヴァティ (Paul Laverty)
製作 フアン・ゴルドン (Juan Gordon)
撮影 アレックス・カタラン (Alex Catalan)
プロダクションデザイン ファン・ペドロ・デ・ガスパル (Juan Pedro De Gaspar)
音楽 アルベルト・イグレシアス (Alberto Iglesias)
編集 アンヘル・エルナンデス・ソイド (Angel Hernandez Zoido)

■キャスト

俳優名 役名
ルイス・トサル (Luis Tosar)  Costa
ガエル・ガルシア・ベルナル (Gael Garcia Bernal)  Sebastian
フアン・カルロス・アジュビリ (Juan Carlos Aduviri)  Daniel
カラ・エレハルデ (Karra Elejalde)  Anton

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!