映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 苦役列車

  • R-15

この愛すべきロクデナシ!森山未來主演作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1986年、19歳の貫多は、日雇いの仕事をしながら、安アパートに暮らしていた。働いた金は酒と風俗で使い果たす。唯一の楽しみは、本を読む事だった。ある日、アルバイト先で専門学校生の正二という青年と知り合う。年が同じと分かり気心が知れ、貫多は生まれて初めて友達と飲み歩く楽しさを知る。正二の橋渡しで、古本屋でバイトする大学生、康子とも「友達」になれた。有頂天になった貫多は、正二と康子相手に暴走する。



■解説

第144回芥川賞受賞小説「苦役列車」を映画化。バブル真っ只中の80年代、学歴がないため、ひねくれた目で社会を傍観しながら青春を過ごす主人公の葛藤を描く。人生で初めて友達が出来た喜びに浮かれる貫多は、正二を遊びに誘い、金を借り、女性を紹介してもらおうとする。しかし、専門学校生の正二は、学校で広い世界を知り、成長していく。取り残されたような貫多は、やり場のない憤りを不器用に正二にぶつけるのだった。『モテキ』の森山未來が、役者としての振り幅の広さを見せ付けてくれる意欲作。監督は、『リンダ、リンダ、リンダ』など、青春時代のデコボコ描写を得意としている山下敦弘。

■スタッフ

監督 山下敦弘 (Nobuhiro Yamashita)
脚本 いまおかしんじ (Shinji Imaoka)
原作 西村賢太 (ニシムラケンタ)

■キャスト

俳優名 役名
森山未來 (Mirai Moriyama)  北町貫多
高良健吾 (Kengo Kora)  日下部正二
前田敦子 (マエダアツコ)  桜井康子
マキタスポーツ (マキタスポーツ) 
田口トモロヲ (Tomorowo Taguchi) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!