映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 処刑の島

篠田正浩がフリー後初めて監督した文芸もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

太平洋に本島と小島という孤島が浮んでいた。昔から“流人島”として知られ、戦後も感化院がある。ある日、本島に一人の男が現れ、セールスマンというふれこみで船主野本に宿を頼んだ。この男は三郎といい二十年前島にいたことがあった。三郎の父西原弦一郎はアナーキストで、そのため三郎は父母と兄とを特務の憲兵毛沼曹長に惨殺されていた。軍はこの残虐行為を隠すため三郎と毛沼を島に流したのだった。毛沼が島に流されたことは、三郎は知らなかった。三郎はサブと呼ばれ牛や山羊を飼っている大嶽に牛馬以下にこきつかわれた。



■解説

武田泰淳原作の『流人島にて』を石原慎太郎が脚色し、「暗殺」の篠田正浩がフリー後初めて監督した、文芸もの。撮影は「とべない沈黙」の鈴木達夫で、日生劇場プロダクション第一作。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 篠田正浩 (Masahiro Shinoda)
脚色 石原慎太郎 (Shintaro Ishihara)
原作 武田泰淳 (タケダ)
企画 石原慎太郎 (Shintaro Ishihara)
製作 石原慎太郎 (Shintaro Ishihara) 米山彊 (ヨネヤマツヨシ) 中島正幸
撮影 鈴木達夫 (Tatsuo Suzuki)
美術 戸田重昌 (Shigemasa Toda)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 西崎英雄 (ニシザキヒデオ)
照明 海野義雄 (ウンノヨシオ)
編集 篠田正浩 (Masahiro Shinoda)
スチル 森山大道

■キャスト

俳優名 役名
新田昌   三郎
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)  大嶽
佐藤慶 (Kei Sato)  松井
小松方正 (コマツホウセイ)  常木
信欣三 (シンキンゾウ)  黒木
木村俊恵 (キムラトシエ)  女房明江
富田仲次郎 (トミタナカジロウ)  野本
平松淑恵 (ヒラマツトシエ)  宿の女将
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  船頭
氏家慎子   バーの女
岩下志麻 (Iwashita Shima)  娘亜矢

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!