映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Another アナザー

  • PG-12

綾辻行人の傑作ミステリー小説を映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1998年春。15歳の榊原恒一は、父親が仕事で海外に行くことになり、叔母の三神怜子がいる山間の地方都市・夜見山市でしばらく暮らすことになる。転居早々恒一は気胸の発作で倒れてしまい、病院に担ぎ込まれる。入院中のある日、病院のエレベーターで恒一は制服を着た眼帯の美少女と出会う。その美しさに思わず見入ってしまうが、少女は不可解な言葉を残し地下の霊安室へと消えてしまう。退院後、恒一が登校すると、病院で出会った少女・見崎鳴が教室にいた。恒一は彼女が気にかかって仕方なくなるが、クラスメイト全員や担任の先生までもが“まるで彼女など存在しないかのように”振舞っていた……。



■解説

2009年度の「ミステリが読みたい!」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位を獲得し、カリスマ的な人気を博した綾辻行人による傑作ミステリー小説がコミック化・アニメ化を経て、満を持して映画化。監督に『オトシモノ』『今日、恋をはじめます』の古澤健、主演に山崎賢人と橋本愛を迎え、謎めいた恐さでスクリーンに釘付けにされる新たなホラーブームを巻き起こす。(作品資料より)

■スタッフ

監督 古澤健 (フルサワケン)
脚本 田中幸子 (タナカサチコ) 古澤健 (フルサワケン)
原作 綾辻行人 (アヤツジユキト)
エグゼクティブプロデューサー 井上伸一郎 (イノウエシンイチロウ)
企画 椎名保 (Yashushi Shiina)
プロデューサー 小林剛 下田淳行 (シモダアツユキ)
共同プロデューサー 原公男 (ハラキミオ)
撮影 喜久村徳章 (キクムラトクショウ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
装飾 山本直輝 (ヤマモトナオキ)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
主題歌 加藤ミリヤ (カトウミリヤ)
録音 井家眞紀夫 (イカマキオ)
照明 関輝久 (Teruhisa Seki)
編集 大永昌弘
ビデオエンジニア(VE) 鏡原圭吾 (カガミハラケイゴ)
ライン・プロデューサー 及川義幸 (オイカワ)
製作担当 石井仁朗
助監督 菊地健雄 (キクチタケオ)
スクリプター/記録 阿保知香子
VFXスーパーバイザー 立石勝 (タテイシマサル)

■キャスト

俳優名 役名
山崎賢人   榊原恒一
橋本愛 (Ai Hashimoto)  見崎鳴
袴田吉彦 (Yoshihiko Hakamada)  千曳辰治
加藤あい (Kato Ai)  三神怜子

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!