映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ティーン・ウルフ2 僕のいとこも狼だった

    (原題:Teen Wolf too)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

伯父ハロルドの運転するワゴン車でハミルトン大学にやってきたトッド・ハワード(ジェーソン・ベイトマン)、実は彼は狼男の血を引く青年であった。奨学金の件で学長のディーン・ダン(ジョン・アスティン)のもとに出向いたトッドは、そこでスポーツ奨学生ということで彼からボクシング部入部を命じられる。しかしトッドは、未だかつてスポーツと名のつくものは何ひとつやったことがなかった。新入生パーティの日、トッドはキャンパスの女王リザと踊ることになり、興奮のあまり、ついに狼男に変身、落ちこむ彼の心を慰めるのは、クラスメイトのニッキ(エステー・チャンドラー)だけであった。そしてボクシングの大学対抗戦、トッドはメッタ打ちにあい、あわやKOというところで狼男に変身、何と逆に相手を叩きのめしてしまう。それ以来、トッドはキャンパスのスーパースターにのしあがった。すっかり有頂天になるトッド。そのあまりの無茶ぶりにニッキや友人たちは次第に彼に愛想をつかしてゆく。やがて一番大切なものを失ったことを知ったトッドは、狼男に変身するのをやめてリングに立ち、改めてニッキの愛を手にするのだった…。



■解説

狼男の血を引く青年が遭遇する騒動を描くシリーズ第2作。製作はケント・ベイトマン、監督はクリストファー・レイッチ、脚本はR・ティモシー・クリング、撮影はジュールズ・ブレンナ、音楽はジョリーン・チェリィ&パット・ウッズが担当。出演はジェーソン・ベイトマン、エステー・チャンドラーほか。

  • 1988年7月2日 より

  • 配給:東映クラシックフィルム
  • 製作国:アメリカ(1987)

■スタッフ

監督 クリストファー・レイッチ (Christopher Leitch)
脚本 R・ティモシー・クリング (R. Timothy Kring)
製作 ケント・ベイトマン (Kent Bateman)
撮影 ジュールス・ブレンナー (Jules Brenner)
音楽 ジョリーン・チェリィ (Jolene Cherry) パット・ウッズ (Pat Woods)
特殊メイク ジョン・ローガン (John Logan)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ジェイソン・ベイトマン (Jason Bateman)  Todd_Howard
エステー・チャンドラー (Estee Chandler)  Nichi
キム・ダービー (Kim Darby)  Professor Brooks
ジョン・アスティン (John Astin)  Dean_Dunn
ポール・サンド (Paul Sand)  Coach_Finstock
マーク・ホルトン (Mark Holton)  Chubby

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!