映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • キリン POINT OF NO-RETURN!

バイブル的バイク漫画、実写映画化!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ジャズが流れるバーにカラオケから逃げ出してきたと言うサラリーマンが駆け込んでくる。年は30代後半か、40代前半。影のある佇まいだが、同時に“できる”オ―ラも発散している。そこに少し酔った女トモミが近付いてきた。予感めいたものを感じた二人はそのまま男のマンションへ流れ込み激しい一夜を共にする。朝方、男の部屋に貼ってあるポルシェを見て「おじさんの趣味?好きなの?」「私、おじさんの名前も聞いてないよ」と聞いてくるトモミ。男は自身の名を「キリンだよ」と答え、そのまま二人は駐車場へ、キリンはバイクのBMWでその場から去り、二人は別れた。若い女との一夜がそうさせたのか、バイク屋に立ち寄ったキリンはスピード狂の若者ごとく最高のパワーを秘めたバイク・ハヤブサをテイスティングしてみる事に。キリンの秘められた走り屋の本性が一瞬にして立ち昇り、ハヤブサのリアタイヤを激しく摩耗させた。タイヤの件を詫びるため、バイク屋に戻ったキリンはそこでシートに包まれたあるバイクを見つける。それは、かつて彼が乗っていたはずの、事故にあって廃車にしたはずのバイク・カタナがあった。



■解説

1987年に「ミスターバイクBG」誌上で連載が始まり、その後1991年に「ヤングキング」に連載を移し、2012年現在も新シリーズ「The Happy Ridder Speedway」が連載中の東本昌平の人気バイク漫画を映画化。本作は、キリンの原点、伝説の第一部と謳われる“キリンと呼ばれる中年の男がカタナにまたがりポルシェ911と公道でバトルを繰り広げる物語”である。監督は、自身がバイカーでもある『湾岸ミッドナイト』の大鶴義丹。主演は『あの夏、いちばん静かな海。』『BROTHER』の真木蔵人。スピードの世界にしか“生”のリアリズムを感じられない男の哀しみと生き様を演じている。また、本作最大の見どころ“バイク同士のバトル、ポルシェとのバトル”を更にグレードアップさせているのが、本作に登場する様ざまなカスタム・バイク。作品のために特別にカスタマイズされたバイクがうなりをあげて疾走する映画は世界的にも珍しく、本物だけが持つ迫力と、その美しさだけでも一見の価値ありだ。(作品資料より)

  • 2012年3月3日 より 池袋シネマロサほか全国にて順次公開

  • 配給:インターフィルム
  • 製作国:日本(2012)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 大鶴義丹 (オオツルギタン)
アクション監督 小美野昌史 (オミノマサシ)
脚本 大鶴義丹 (オオツルギタン)
原作 東本昌平 (ハルモトショウヘイ)
エグゼクティブプロデューサー 新田博那
企画 大鶴義丹 (オオツルギタン)
制作統括 杉本健一郎 (スギモトケンイチロウ)
製作 樋上幸久 (ヒガミユキヒサ)
プロデューサー 山崎将直
撮影監督 沖芝和彦 (オキシバカズヒコ)
音楽 東野克 (トウノカツ) 照屋宗夫 (テルヤムネオ)
録音 治田敏秀 (ハルタトモヒデ)
整音 星一郎 (ホシイチロウ)
効果 伊藤克己
照明 藤田貴路 (フジタタカミチ)
編集 小美野昌史 (オミノマサシ)
衣裳/スタイリスト 本多徳生 (ホンダノリオ)
ヘアメイク 渡辺祐子
アシスタントプロデューサー 中野亮 (ナカノリョウ)
助監督 早川喜貴 (ハヤカワヨシキ)
ライライディング・アドバイザーディング・アドバイザー 宮崎敬一郎 (ミヤザキケイイチロウ)
マシンプロデューサー 杉本卓弥 (スギモトタクヤ)

■キャスト

俳優名 役名
真木蔵人 (Claude Maki)  キリン
亜矢乃 (アヤノ)  トモミ
久保田悠来 (クボタユキ)  チョースケ
仁科貴 (ニシナタカシ)  太田
高山猛久 (タカヤマタケヒサ)  モヒ
西沢仁太 (ニシザワジンタ)  橋本
湯江健幸 (ユエタケユキ) 
山内勉 (ヤマウチツトム) 
寺井文孝 (テライフミタカ) 
松本勝 (マツモトマサル) 
夏木陽介 (Yosuke Natsuki)  立花

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!