• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.8> 22話〜24話』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.8> 22話〜24話

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「第22話 盟友」イデアと一体化してしまった鋼牙。烈花が必死の説得を試みても、それを受け入れることはなかった。鋼牙の心を取り戻せる者は只一人しかいないと判断した烈花は、急ぎその人物の元へ向う。鋼牙を救出すべく策を練る零、レオ、ワタル。そこに加勢に現れる邪美。そして、烈花と共にカオルがやってくる。カオルであれば鋼牙の心を取り戻せると考えたのだ。ところが、鋼牙が烈花に放った言葉の真意に迷ってしまう盟友たち。カオルの鋼牙への想いを聞き、一致団結する一同だったが…。「第23話 金色」真魔界へと向い動き出したイデア。盟友たちの尽力、そしてカオルの愛に救われた鋼牙は、カオルを邪美と烈花に託し、再びイデア内部への突入を決意する。その頃、イデアの中心部である玉座まで単身辿り着いたレオは、兄・シグマとの決着を付けるべく最後の戦いを挑む。鋼牙が脱出したことによりイデアは停止、シグマの野望もこれまでと思われた。しかし、心臓部であるはずのギャノンの骸に不穏な動きが発生。零、ワタルの力を借りて玉座に辿り着いた鋼牙は、そこに恐るべきものを見る…。「第24話 時代」復活したギャノンの攻撃に苦戦する鋼牙。イデアを破壊すべく、全ての魔戒騎士と魔戒法師が結集、総力戦の火蓋が切って落とされる。零、翼、レオ、ワタル、邪美、烈花、シグトたち全ての盟友たちと共に全力を尽くす鋼牙だったが、イデアを止めることは不可能と思われた…。果たして希望の光は絶望の闇を照らすことが出来るのか? 本当の守りし者とは一体誰なのか? そして、鋼牙が果たすべき約束とは一体何なのか?



■解説

特撮ドラマ『牙狼−GARO−』第2期を放送に先駆け、3話ずつ映画館で先行上映するシリーズ第1弾。人間の邪心に憑依する魔獣ホラーとの闘いを描く。原作・総監督は、「呀<KIBA> 暗黒騎士鎧伝」の雨宮慶太。出演は、「牙狼−GARO− 〜RED REQUIEM〜」の小西遼生、「おのぼり物語」の肘井美佳。

  • 2012年2月18日 より

  • 配給:東北新社
  • 製作国:日本(2011)

■スタッフ

総監督 雨宮慶太 (アメミヤケイタ)
アクション監督 横山誠 (Makoto Yokoyama)
脚本 江良至 (エライタル) 雨宮慶太 (アメミヤケイタ)
原作 雨宮慶太 (アメミヤケイタ)
エグゼクティブプロデューサー 二宮清隆 (ニノミヤキヨタカ)
統括プロデューサー 吉田健太郎
プロデューサー 沖元良 夏井佳奈子 (ナツイカナコ)
音楽プロデューサー 井上俊次 (イノウエシュンジ)
VFXスーパーバイザー 小坂一順
CGスーパーバイザー 中川茂之
出演(声) 影山ヒロノブ (カゲヤマヒロノブ)

■キャスト

俳優名 役名
小西遼生 (コニシリョウセイ)  冴島鋼牙
肘井美佳 (ヒジイミカ)  御月カオル
藤田玲 (フジタレイ)  涼邑零
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru)  倉橋ゴンザ
中村織央 (ナカムラオズノ)  布道レオ
松山メアリ (マツヤマメアリ)  烈花
倉貫匡弘 (クラヌキマサヒロ)  シグト
佐藤康恵 (サトウヤスエ)  邪美
松田賢二 (マツダケンジ)  魔戒騎士・四十万ワタル

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!