映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 宮廷料理人ヴァテール

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1671年、フランス。コンデ大公(ジュリアン・グラヴァー)は、国王ルイ14世(ジュリアン・サンズ)の信頼を取り戻そうと腐心しており、料理人ヴァテール(ジェラール・ドパルデュー)に三日三晩を通しての餐宴を催すよう命じる。ヴァテールは国王に満足してもらおうと、三日それぞれにテーマを決め、究極メニューと大掛かりなショーを念入りに準備していった。やがて餐宴がはじまる。事は順調に運んでいくが、そんな中、国王妃の女官アンヌ(ユマ・サーマン)を見つめる三人の男、国王とローザン侯爵、そしてヴァテールがいた。国王は一日目、アンヌを夜の相手に指名する。アンヌはヴァテールに惹かれていたが、女として成功を手にするために国王の愛を受け入れる。しかし二日目の夜、アンヌはヴァテールの部屋を訪れ、二人は結ばれる。だがそれをローザン侯爵に知られ、脅迫されたアンヌは彼と肉体関係を持つはめになった。最後の三日目。ヴァテールは料理に使う魚の仕入れが余りに足りないことに絶望し、自殺する。皮肉にもその直後、大漁の魚貝が到着するが、残されたのはアンヌへの愛が綴られた亡きヴァテールの手紙だけだった。



■解説

十七世紀のフランスに実在した天才料理人フランソワ・ヴァテールの生き様を描いた歴史大作。監督・製作は「グッバイ・ラバー」のローランド・ジョフィ。脚本はジャンヌ・ラブリュヌ。英語脚色は「恋におちたシェイクスピア」のトム・ストッパード。音楽は「海の上のピアニスト」のエンニオ・モリコーネ。出演は「仮面の男」のジェラール・ドパルデュー、「アベンジャーズ」のユマ・サーマン、「海の上のピアニスト」のティム・ロス。「ラルフ一世はアメリカン」のジュリアン・グラヴァー、「ワン・ナイト・スタンド」のジュリアン・サンズほか。

  • 2000年11月4日 より

  • 配給:日本ヘラルド映画(テレビ東京=博報堂=テレビ大阪=アミューズ=日本ヘラルド映画提供)
  • 製作国:フランス イギリス(2000)

■スタッフ

監督 ローランド・ジョフィ (Roland Joffe)
脚本 ジャンヌ・ラブリュヌ (JeanneLabrune)
英語脚色 トム・ストッパード (Tom Stoppard)
エグゼクティブプロデューサー アラン・ゴールドマン (Alain Goldman)
製作 ローランド・ジョフィ (Roland Joffe)
共同製作 ティモシー・バリル (Timothy Burrill)
撮影 ロベール・フレス (Robert Fraisse)
美術 ジャン・ラバス (Jean Rabasse)
音楽 エンニオ・モリコーネ (Ennio Morricone)
編集 ノエル・ボワソン (Noelle Boisson)
衣裳/スタイリスト イヴォンヌ・サシノー・ド・ネスル (Yvonne Sassinot de Nesle)
字幕 吉田由紀子 (Yukiko Yoshida)

■キャスト

俳優名 役名
ジェラール・ドパルデュー (Gerard Depardieu)  Francois Vatel
ユマ・サーマン (Uma Thurman)  Ann de Montausier
ティム・ロス (Tim Roth)  Marquis de Lauzun
ジュリアン・グローヴァー (Julian Glover)  Prince de Conde
ジュリアン・サンズ (Julian Sands)  Louis XIV
ティモシー・スポール (Timothy Spall)  Gourville
マーレイ・ラクラン・ヤング (マーレイラクランヤング)  Murray Lachlan Young Philippe d'Orleans
ハイウェル・ベネット (Hywel Bennett)  Colbert
リチャード・グリフィス (Richard Griffiths)  Doctor Bourdelot
アリエル・ドンバール (Arielle Dombasle)  Princesse de Conde
マリーヌ・デルテルム (Marine Delterme)  Athenais de Montespan
フィリピーヌ・ルロワ=ボーリュー (Philippine Leroy-Beaulieu)  Duchesse de Longueville

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!