映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 闇を横切れ

選挙を巡り起った殺人を追う新聞記者を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

女が殺されていた。絞殺死体の傍に泥酔して倒れた男が一人、女はストリッパー、男は市長選挙に革新党の候補として出馬している落合だった。落合はその場から容疑者として警察に連行された。なぜこの二人が一緒にいるんだ、話がうますぎる−−西部新聞の社会部記者・石塚は疑問を抱いた。現場に居合せた老警官片山は事件の発生直前、黒コート、あごに傷痕のある男を見たという。殺し屋だと石塚は確信した。彼はこの事実を編集局長の高沢に話した。高沢は激励した。石塚にとって、高沢は最も尊敬する人物だった。西部新聞を今日あらしめたのは高沢の手腕だった。石塚は、片山が休暇を命ぜられて旅に出たことを知った。温泉旅館の一室で、石塚は片山に会った。証言を取消さなければ、クビにして恩給がつかないようにすると、部長刑事の生田に言われたという。



■解説

ある地方都市の市長選挙をめぐって起った連続殺人を追う新聞記者を主人公にしたアクション・ドラマ。「日本誕生」の共同執筆者・菊島隆三と、「美貌に罪あり」を監督した増村保造との脚本を、増村保造が監督し、同じく「美貌に罪あり」の村井博が撮影した。なお、音楽は一切使用されていない。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1959)
    • ジャンル:
    • アクション

■スタッフ

監督 増村保造 (Yasuzo Masumura)
脚本 菊島隆三 (キクシマリュウゾウ) 増村保造 (Yasuzo Masumura)
企画 藤井浩明 (Hiroaki Fujii)
製作 武田一義 (タケダカズヨシ)
撮影 村井博 (ムライヒロシ)
美術 渡辺竹三郎 (ワタナベタケサブロウ)
録音 渡辺利一 (ワタナベトシカズ)
照明 泉正蔵

■キャスト

俳優名 役名
川口浩 (カワグチヒロシ)  石塚邦夫
山村聡 (ヤマムラソウ)  高沢渉
叶順子 (カノウジュンコ)  鳥居元美
滝沢修 (Osamu Takizawa)  広瀬陽吉
高松英郎 (Hideo Takamatsu)  生田
杉田康 (スギタコウ)  掛川紘一
八潮悠子 (ヤシオユウコ)  鳴海純子
大山健二 (オオヤマケンジ)  片山
滝花久子 (タキバナヒサコ)  片山の妻
南方伸夫 (ミナミカタノブオ)  水原
潮万太郎 (ウシオマンタロウ)  山野
松本克平 (マツモトカッペイ)  落合正英
浜村純 (ハマムラジュン)  首藤真五郎
見明凡太朗 (Bontaro Miake)  警察署長
伊沢一郎 (イザワイチロウ伊澤一郎)  岡田支局長
夏木章 (ナツキショウ)  新聞記者
森矢雄二 (モリヤユウジ)  学生A
青山邦夫 (アオヤマクニオ)  学生B
三宅川和子 (ミヤガワカズコ)  女学生
中田勉   ホテル支配人
半谷光子   ホテル女中
竹内哲郎   指圧師
飛田喜佐夫 (トビタキサオ)  DP屋
此木透   革新党支部長
杉森麟 (スギモリリン)  選挙事務長
高村栄一 (タカムラエイイチ)  隣弁護士会長
山口健 (ヤマグチケン)  黒原
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)  水上博士
角梨枝子 (スミリエコ)  エリートのマダム
新宮信子   花月の女将
守田学 (モリタマナブ)  殺し屋
伊達正 (ダテタダシ)  モヒを打つ男
村田扶実子 (ムラタフミコ)  掃除婦
伊東光一 (イトウコウイチ)  西部新聞社長
丸山修 (マルヤマオサム)  西部新聞営業部長
松村若代 (マツムラワカヨ)  西屋の女中
谷謙一 (タニケンイチ)  広瀬の秘書

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!