映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • かぞくのくに

“北”から戻ってきた兄。監督の自伝的映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある夏、25年ぶりに兄ソンホが北朝鮮から戻 ってきた。在日朝鮮人2世で日本語教師をしているリエ、同胞協会幹部の父、優しい母の3人で暮らす家族のもとへ、病気治療のため特別に3ヵ月だけ許可をもらっての事だった。少年時代の帰国事業で移住して以来のソンホの帰国に喜ぶ家族だが、ソンホは多くを語らない。監視の目が常に付く中、リエは次第に苛立ちを覚える。家族に沸き起こる感情が25年の空白を埋めていく…。



■解説

韓流ブーム以降の現在からは想像もつかないだろうが、ソンホが北朝鮮に渡った70年代には日本でも公然と人種差別が存在し、就職や結婚など未来を奪われた若い人たちが希望を求めて北朝鮮へ渡った。その頃、共産国家は理想の国のように日本で宣伝されていたのだ。“北”の実情が知られるようになった今だからこそ、渡った人たち、そして送り出した人たちの後悔と苦悩が想像できるが、失われたものは大きい。今まで2本のドキュメンタリーを発表してきたヤン・ヨンヒが、自らの体験を基に初めて作り上げたフィクションが本作だ。“あの国”へ戻らなければならない兄を見送るしかない主人公の無念は、そのまま監督の気持ちである事が伝わってくる。

  • 2012年8月4日 より テアトル新宿、テアトル梅田、シネマート心斎橋ほか全国にて

  • 配給:スターサンズ
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ヤン ヨンヒ (Yang Yonghi)
脚本 ヤン ヨンヒ (Yang Yonghi)
エグゼクティブプロデューサー 河村光庸 (カワムラミツヒロ)
企画 河村光庸 (カワムラミツヒロ)
プロデューサー 佐藤順子 (サトウジュンコ) 越川道夫 (コシカワミチオ)
撮影 戸田義久 (トダヨシヒサ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
装飾 藤田徹 (フジタトオル)
音楽 岩代太郎 (イワシロタロウ)
音響 菊池信之 (キクチノブユキ)
照明 山本浩資 (ヤマモトヒロシ)
編集 菊井貴繁 (キクイタカシゲ)
衣裳デザイン 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
ヘアメイク 橋本申二 (タクモトシンジ)
制作担当 金子堅太郎 (カネコケンタロウ)
監督補 菊地健雄 (キクチタケオ)
助監督 高杉考宏 (タカスギタカヒロ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤サクラ (Sakura Ando)  リエ
井浦新 (Arata Iura)  ソンホ
ヤン・イクチュン (Yang Ik-Joon)  ヤン同志
京野ことみ (Kyono Kotomi)  スニ
大森立嗣 (Tatsushi Omori)  ホンギ
村上淳 (Jun Murakami)  ジュノ
省吾 (ショウゴ)  チョリ
塩田貞治 (シオタサダハル)  テジョ
鈴木晋介 (スズキ) 
山田真歩 (ヤマダマホ) 
井村空美 (イムラクミ) 
吉岡睦雄 (ヨシオカムツオ) 
玄覺悠子 (ゲンカクユウコ) 
金守珍 (Kim Sujin) 
諏訪太朗 (スワタロウ) 
宮崎美子 (Miyazaki Yoshiko) 
津嘉山正種 (Masane Tsukayama) 

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!