映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ジェーン・エア

英文学史上、最もセンセーショナルな恋

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

幼くして両親を亡くし、孤独に育ったジェーンは、苦難に負けない自由な生き方を探し求めていた。寄宿学校を卒業すると、母校で教師をした後、ソーンフィールド館の家庭教師となる。館の主人はロチェスターという男だったが、屋敷で会う事はなかった。ある日、外出中に偶然、ロチェスターと遭うが、乗っていた馬を驚かせ落馬させてしまう。横柄な態度に驚くジェーンだったが、無骨な中にも純粋な魂を感じ、次第に惹かれていく。



■解説

イギリス文学史に輝く名作「ジェーン・エア」が、新しい解釈で映画化。両親に先立たれ、孤独に生きてきたジェーン・エアが初めての愛を知り、魂の自由と幸せを手にしていく。それぞれの不運から、寂しい人生を生きてきたロチェスターとジェーン。長い年月を経て、やっと巡り会えた二人だが、愛を試すように、ある秘密が立ちはだかるのだった。『ジェーン・エア』が映画化されるのは、18作目だが、これまで苦難に耐える女性であったジェーンを、自由を求め、広い世界を夢見る、新しい女性像に一新させた。主演は『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ。監督は『闇の列車、光の朝』のキャリー・ジョージ・フクナガ。

  • 2012年6月2日 より TOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:イギリス=アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 キャリー・ジョージ・フクナガ (Cary Joji Fukunaga)
脚本 モイラ・バフィーニ (Moira Buffini)
製作総指揮 クリスティーン・ランガン (Christine Langan)
製作 アリソン・オーエン (Alison Owen) ポール・トライビッツ (Paul Trijbits)
撮影 アドリアーノ・ゴールドマン (Adriano Goldman)
プロダクション・デザイン ウィル・ヒューズ=ジョーンズ (Will Hughes-Jones)
音楽 ダリオ・マリアネッリ (Dario Marianelli)
編集 メラニー・アン・オリバー (Melanie Ann Oliver)
衣裳デザイン マイケル・オコナー (Michael O'Connor)
ヘアメイク ダニエル・フィリップス (Daniel Phillips)
字幕 古田由紀子 (Yukiko Furuta)

■キャスト

俳優名 役名
ミア・ワシコウスカ (Mia Wasikowska)  Jane Eyre
マイケル・ファスベンダー (Michael Fassbender)  Rochester
ジェイミー・ベル (Jamie Bell)  St John Rivers
ジュディ・デンチ (Judi Dench)  Mrs. Fairfax
ハリー・ロイド (Harry Lloyd)  Richard Mason

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!