映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 砂の女

安部公房の原作を勅使河原宏が監督した寓話

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

八月のある日、一人の教師が砂地に棲む昆虫を求めて砂丘地帯にやって来た。やがて夕暮となり砂丘の集落のある家で一夜を過した。蟻地獄のような穴の底にあり砂に蝕まれた破屋。そこに住む艶かしい三十前後の女。夜更けて女は砂の浸蝕から家を守るため砂かきの労働を始めた。翌朝目覚めた男は素裸で砂にまみれて寝ている女を見、苦々しい思いで家の外に出たが、崖には昨夜使った縄梯子は消え失せていた。驚いた男は自分が砂かきの労働力として雇われたことを知り愕然とした。女の言によれば、この集落は、砂という同一の敵によって固く団結していると聞かされるが。男はどうにかして逃げようとする。砂かきの世界に安住する女と、空白感に耐えられない男。しかし遂に穴の外に出ることに成功する日が来た女を騙し、ロープで崖を登る。が監視員に発見され失敗に終った。



■解説

安部公房の原作を、安部公房が脚色、「おとし穴」の勅使河原宏が監督した寓話、撮影もコンビの瀬川浩。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1964)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 勅使河原宏 (Hiroshi Teshigahara)
脚色 安部公房 (Kobo Abe)
原作 安部公房 (Kobo Abe)
製作 市川喜一 大野忠
撮影 瀬川浩 (セガワヒロシ)
美術 平川透徹 (ヒラカワトウテツ) 山崎正夫 (ヤマザキマサオ)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 加藤一郎 (カトウイチロウ) 奥山重之助 (オクヤマ)
照明 久米光男 (クメミツオ)
編集 守随房子
スチル 吉岡康弘 (ヨシオカヤスヒロ)

■キャスト

俳優名 役名
岡田英次 (Eiji Okada)  男(仁木順平)
岸田今日子 (Kyoko Kishida)  女(砂の女)
三井弘次 (ミツイコウジ)  村の老人
矢野宣 (ヤノセン)  村人
観世栄夫 (カンゼヒデオ)  村人
関口銀三 (セキグチギンゾウ)  村人
市原清彦 (イチハラキヨヒコ)  村人
西本裕行 (ニシモトヒロユキ)  村人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!