映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 夜汽車

ひとりの男を挟んでの姉妹ふたりの愛憎を中心に、三人を囲む人々の葛藤を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和10年の秋、高知行きの夜汽車に揺られながら、岡崎露子は少女の頃を回想していた。彼女が13歳の時、母親は妹の里子を産んで死に、やくざな父親は露子を高知一の料亭“山海楼”に売りとばし、その金を酒と博奕に使い果たしたあげく野垂れ死にしていった。露子は泣く泣く里子を人手に渡し、その養育費を稼ぐために芸妓として各地を転々。16年ぶりに故郷に帰って来たのだ。そして、17歳の女学生に成長した里子と再会した。山海楼に腰を落ち着けた露子は、田村征彦という男と知り合い愛し合うようになる。征彦は高知のやくざ一家、田村組の息子だが、途方もない夢を抱いて父親の律三郎とは別の世界で生きていた。そんな時、里子が喀血をした。



■解説

宮尾登美子原作の短篇小説「夜汽車」「岩伍覚え書」をもとに「道(1986)」の松田寛夫と「F2グランプリ」の長田紀生が脚本を共同執筆。監督は「最後の博徒」の山下耕作、撮影は「火宅の人」の木村大作がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1987)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 山下耕作 (Kosaku Yamashita)
脚本 松田寛夫 (マツダヒロオ) 長田紀生 (Norio Osada)
原作 宮尾登美子 (ミヤオトミコ)
企画 日下部五朗 (クサカベゴロウ) 奈村協
撮影 木村大作 (Daisaku Kimura)
美術 井川徳道 (イカワノリミチ) 秋好泰海
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 平井清重 (ヒライキヨシゲ)
照明 増田悦章 (マスダヨシアキ)
編集 玉木濬夫 (タマキエイフ)
音楽演奏 クロード・チアリ
助監督 土橋亨 (ドバシトオル)
スチール 中山健司 (ナカヤマケンジ)

■キャスト

俳優名 役名
十朱幸代 (Toake Yukiyo)  岡崎露子
秋吉久美子 (Akiyoshi Kumiko)  岡崎里子
萬田久子 (Manda Hisako)  むら咲の蔦江
白都真理 (シラトマリ)  花勇
新藤恵美 (シンドウエミ)  お辰
速水典子 (ハヤミノリコ)  牡丹
水野久美 (ミズノクミ)  政代
内田勝正 (ウチダカツマサ)  撃剣の浜田
荒勢 (アラセ)  竜王山
須藤正裕 (スドウマサヒロ)  小龍
丹波義隆 (タンバヨシタカ)  捨吉
片桐竜次 (カタギリリュウジ)  ジャガラの敬
大前均 (オオマエヒトシ)  筆の山
坂本智恵美 (サカモトチエミ)  少女期の露子
浜田晃 (Akira Hamada)  霧子の父
永井秀和 (ナガイヒデカズ)  吉村
浜田寅彦 (ハマダトラヒコ)  坂本
宮城幸生   永野
今井健二 (イマイケンジ)  神田
松村康世 (マツムラヤスヨ)  山本勢津
阿藤快 (アトウカイ)  鮫島
池田謙治 (イケダケンジ)  権藤
山本清 (ヤマモトキヨシ)  佐藤病院院長
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  梵天の信次
遠藤太津朗 (エンドウタツオ)  百鬼勇之助
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  田村伊三郎
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  溝上昇
萩原健一 (Kenichi Hagiwara)  田村征彦

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!