映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 孤独な惑星

わたしのベランダに住みついた恋

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

真里は小さな貿易系会社で事務の仕事をしながら、東京近郊のマンションで自由気まま、気楽なひとり暮らしをしている。誰にも邪魔されない自分だけのための生活はとても快適だ。たまに孤独を感じる時もある。たまにだけ……。そういう夜、ベランダで缶ビールを開けてくつろいだり、壁に貼られた白い世界地図を見つめたりして過ごす。真里のお隣さんは、毎日のように痴話げんかをしたかと思うと、楽しい語らいをしている。若いカップルが同棲しているらしい。聞こうとしなくても耳に入ってきてしまう、激しい怒鳴り声。冬のある寒い夜。いつものように仕事から帰ると、真里の部屋の玄関の前に、ひとりの男の姿があった。寒さに震えるその長身の男・哲男は、隣の部屋の住人だった。鍵を持たずに出かけたから、彼女・亜理紗の帰りを待っているのだという。彼が痴話げんかの当事者だった。真里は、彼の様子になぜか不思議な親近感を覚え、声をかける。その日の深夜。再び隣の部屋から激しい怒鳴り声が聞こえ、思わず壁に耳をあててしまう。やがて、真里の部屋の玄関ベルが鳴り、真里は哲男を部屋に泊めてしまう。それは、奇妙な三角関係のはじまりだった。



■解説

都会に暮らす男女が隠し持つささやかな幸せや切なさ、ゲームのように展開する恋愛模様……コミカルで知的なラブストーリー。主人公・真里を演じたのは、モデルとして活躍する竹厚保綾。本作では映画初出演にして主演を務めた。その真里を惑わす哲男には、陸上競技で鍛えた強靭さとセンシティブな表現力で、映画『クローズZERO II』『うさぎドロップ』などで注目を浴び、人気・実力とも今最も勢いのある俳優、綾野剛。哲男の彼女・亜理紗には、映画『バトル・ロワイアル』『チルソクの夏』『リンダリンダリンダ』で溌剌とした印象を残した三村恭代。時々刻々と変容していく三角関係をスリリングな緊張感と遊び心のなかに描き出したのは、『ゆめこの大冒険』『オーバードライヴ』などで多彩な演出技法を見せた筒井武文監督。(作品資料より)

  • 2011年12月17日 より ユーロスペース(レイト)にて

  • 配給:ALVORADA FILMS
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 筒井武文 (ツツイタケフミ)
脚本 宮崎大祐
プロデューサー 横山昌吾 (ヨコヤマショウゴ)
撮影 芦澤明子 (アシザワアキコ)
美術 三ツ松けいこ (ミツマツケイコ)
音楽 ピエール・バスティアン (Pierre Bastien) 遠藤慎吾 (エンドウシンゴ)
音楽監修 岸野雄一 (キシノユウイチ)
録音 良井真一 (ヨシイシンイチ)
整音 黄永昌 (オウエイショウ)
照明 御木茂則 (ミキシゲノリ)
編集 筒井武文 (ツツイタケフミ)
衣裳デザイン 松井征心 (マツイセイシン)
ヘアメイク 西田美香 (ニシダミカ) 白田美澄紀
スチール 塚田理
メイキング 三宅唱 (ミヤケショウ)

■キャスト

俳優名 役名
竹厚綾 (タケコウアヤ)  真里
綾野剛 (Go Ayano)  哲男
三村恭代 (ミムラタカヨ)  亜理紗
水橋研二 (Kenji Mizuhashi) 
ヒカルド (ヒカルド) 
市山貴章 (イチヤマキショウ) 
ミッキー・カーチス (ミッキー・カーチス) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!