映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 美しさと哀しみと('65)

川端康成の原作を篠田正浩が監督した女性ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

鎌倉に住む作家大木年雄は、新しい年を京都で迎えたいと心誘われていた。大木の心の中には、京都で絵筆をふるう上野音子の面影がよぎった。二十年前大木は、妻子ある身で少女であった音子を愛した。大木の子供をみごもった音子は、その日から平凡な女の倖せを奪われ、死産というショックを経て、自殺を計った。そして大木はこの事件を描いた作品で文壇に地位を築いたのだった。大木が京都を訪れた時、迎えに出たのは音子の弟子の坂見けい子だった。そして音子と会った大木は、その冷やかな態度に、ある虚しさが残った。



■解説

川端康成の同名小説を「暗殺」の山田信夫が脚色「暗殺」の篠田正浩が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの小杉正雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1965)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 篠田正浩 (Masahiro Shinoda)
脚色 山田信夫 (ヤマダノブオ)
原作 川端康成 (Yasunari Kawabata)
製作 佐々木孟
撮影 小杉正雄 (コスギマサオ)
美術 大角純一 (オオスミジュンイチ)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 栗田周十郎 (クリタシュウジュウロウ)
照明 中村明
編集 杉原よ志 (スギハラヨシ)
スチール 長谷川宗平 (ハセガワソウヘイ)

■キャスト

俳優名 役名
山村聡 (ヤマムラソウ)  大木年雄
渡辺美佐子 (Watanabe Misako)  大木文子
山本圭 (Kei Yamamoto)  大木太一郎
加賀まりこ (Kaga Mariko)  坂見けい子
八千草薫 (Yachigusa Kaoru)  上野音子
杉村春子 (スギムラハルコ)  音子の母
中村芳子 (ナカムラヨシコ)  嵐山の老婆
中西杏子 (ナカニシキョウコ)  ホテルのメイド
佐藤芳秀 (サトウヨシヒデ)  ボーイ
鈴木房子 (スズキフサコ)  おみよ
朝生郁子   きよ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!