映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 鑓の権三

不義密通の濡衣を着せられた男女の道行きを描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

出雲の国、松江藩の表小姓、笹野権三は器量はよく、槍さばさのみごとさでは右に出る者もない。その上、茶の道にも通じていた。彼は同家中の川側伴之丞の妹お雪と末は夫婦と契ってはいたが、一日も早い祝言をと迫るお雪ほどには、性急に一家を構える情熱はなかった。江戸表から、主君に御世継が誕生したと吉報が届いた。国許では近隣の諸国一門を招き、振まいの馳走のため、真の台子の茶の湯がなされることになった。真の台子とは茶の湯の極意のこと、茶の道で名を成せば立身出世の道も開ける。権三と伴之丞の茶道の師、浅香市之進が、主君の供で江戸詰、国許は留守とあって、両人のうち一人が殿中饗応の真の台子を勤めることになった。権三は真の台子の伝授方を、市之進の妻・おさゐに懇願する。おさゐは伝授の替わりに、娘の菊を貰ってくれと権三に頼みこみ、彼は承諾する。



■解説

近松門左衛門原作の世話浄瑠璃『鑓の権三重帷子』の映画化で、「卑弥呼」の富岡多恵子が脚色、監督は「瀬戸内少年野球団」の篠田正浩、撮影は同作の宮川一夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1986)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 篠田正浩 (Masahiro Shinoda)
脚色 富岡多恵子
原作 近松門左衛門 (チカマツモンザエモン)
プロデューサー 岩下清 (イワシタキヨシ) 元持昌之 (モトモチマサユキ) 脇田雅丈
撮影 宮川一夫 (Kazuo Miyagawa)
美術 粟津潔 (アワヅキヨシ)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 吉田庄太郎 (ヨシダショウタロウ)
照明 佐野武治 (サノタケジ)
編集 山地早智子
助監督 鯉渕優
美術協力 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
スチール 原田大三郎 (Daisaburo Harada)
殺陣 久世浩 (クゼヒロシ)
時代考証 高津利治
茶道考証 鈴木宗康

■キャスト

俳優名 役名
郷ひろみ (ゴウヒロミ)  笹野権三
岩下志麻 (Iwashita Shima)  市之進女房・おさゐ
火野正平 (ヒノショウヘイ)  川側伴之丞
田中美佐子 (Tanaka Misako)  伴之丞妹・お雪
加藤治子 (カトウハルコ)  お雪の乳母
津村隆 (ツムラタカシ)  浅香市之進
水島かおり (ミズシマカオリ)  市之進娘・お菊
嶋英二 (シマエイジ)  市之進伜・虎次郎
浅川奈月   市之進娘・お捨
大滝秀治 (Hideji Otaki)  岩木忠太兵衛
三宅邦子 (Kuniko Miyake)  忠太兵衛女房
河原崎長一郎 (カワラサキチョウイチロウ)  忠太兵衛伜・甚平
神保共子 (ジンボキョウコ)  浅香家下女・萬
久保田靖子 (クボタヤスコ)  浅香家飯たき・お杉
小船秋夫 (コフネアキオ)  浅香家下男・角介
不破万作 (フワマンサク)  川側家下男・波介
竹中直人 (Naoto Takenaka)  権三の同僚・文右衛門
浜村純 (ハマムラジュン)  道具屋の主人
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)  船頭

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!