映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • UN-GO episode:0 因果論

新十郎と因果。ふたりの出会いと、初めての事件を描くTVでは見ることの出来ないオリジナルストーリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

行くあてもない新十郎に、東京検察庁の虎山泉が接触してくる。新興宗教『別天王会』の会師大野妙心について訪ねて来る。現御神を称する少女・別天王をまつりあげ、ヤミヨセという秘密儀式を行っていた。だが儀式の最中、信者が次々に黒い獣に襲われて死ぬ事件が発生するが、獣そのものの実在を証明できず、警察は殺人事件として立件できないでいた…。新十郎は、「大野妙心は、死んだ」と告げる。戦争が始まる前、新十郎はアジアのとある国で大野や学生時代の友人・世良田たちと行動をともにしていた。そこで彼らは反政府軍との紛争に巻き込まれ、その地獄図の中で、大野とその仲間たちは無残に命を落した。唯一の生き残りが新十郎だった。



■解説

10月よりCX系「ノイタミナ」枠で絶賛放送中の『UN-GO』。新十郎と因果のコンビがさまざまな謎に挑む本格探偵アニメーションのオリジナルストーリーが早くもスクリーンに登場。『UN-GO episode:0 因果論』が描くのは新十郎と因果の出会い。ついに二人の原点が映像化される。因果と新十郎の奇妙な絆は、どこでどのように結ばれたのだろうか。また『UN-GO episode:0 因果論』を見てTVシリーズを見るとさらに立体的に物語を楽しむことができる。『UN-GO 因果論』は、TVシリーズと同様監督・水島精二、脚本・會川昇、制作会社ボンズという強力タッグが全力投球。坂口安吾の『明治開化 安吾捕物帖』『復員殺人事件』を原案に、注目のイラストレイター、pako(『スカーレッドライダーゼクス』)と高河ゆん(『機動戦士ガンダム00』)による華麗なキャラクターたちが近未来の日本で活躍する、まったく新たな物語として蘇らせた。(作品資料より)

  • 2011年11月19日 より TOHOシネマズにて

  • 配給:東宝映像事業部
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 水島精二 (ミズシマセイジ)
脚本 會川昇 (アイカワショウ)
原案 坂口安吾 (サカグチアンゴ)
キャラクター・デザイン pako (パコ) 高河ゆん (コウガユン)
アニメキャラクター・デザイン 稲留和美 (イナドメカズミ) 矢崎優子 (ヤザキユウコ) やぐちひろこ (ヤグチヒロコ)
総作画監督 稲留和美 (イナドメカズミ) 矢崎優子 (ヤザキユウコ) やぐちひろこ (ヤグチヒロコ)
撮影監督 佐々木康太 (ササキコウタ)
美術監督 脇威志 (ワキタケシ)
プロダクション・デザイン 宮本崇 (ミヤモトタカシ) 石垣純哉 (イシガキジュンヤ) 柳瀬敬之 (ヤナセタカユキ)
美術デザイン 宮本崇 (ミヤモトタカシ) 脇威志 (ワキタケシ)
音楽 NARASAKI (ナラサキ)
音響監督 三間雅文 (Masahumi Mima)
音響効果 倉橋静男 (Shizuo Kurahashi)
編集 吉武将人 (ヨシタケマサト)
色彩設計/色指定 中山しほ子 (ナカヤマシホコ)
出演(声) 勝地涼 (Ryo Katsuji) 豊崎愛生 (トヨサキアキ) 三木眞一郎 (ミキシンイチロウ) 山本希望 (ヤマモトノゾミ) 本田貴子 (ホンダタカコ) 入野自由 (イリノミユ) 川島得愛 (カワシマエアイ) 戸松遥 (トマツハルカ) 諏訪部順一 (スワベジュンイチ) 内山昂輝 (ウチヤマコウキ) 嶋村侑 (シマムラユウ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!