映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ビーストリー

新しい世代へ贈る、現代版「美女と野獣」

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

17歳のカイルは、わがままで考えの浅い少年だが、高校では絶大な人気を誇り、まるで王子様のように振る舞っている。自分の容姿にうぬぼれ、自信過剰になっているカイルが、愚かにもいじめのターゲットに選んだのは、ゴシック・ファッションに身を包み、影で魔女とウワサされているケンドラというクラスメイト。しかし、ケンドラはカイルの心ない仕打ちにも動じない。そして彼女はカイルに教訓を与えることにする。魔法でカイルの姿を内面と同等の醜い姿に変えてしまったのだ。これでカイルは、1年以内に外見ではなく内面を見て愛してくれる人を見つけなくてはならなくなる。それができなければ永遠に“ビーストリー(忌まわしい)”姿のままだ。ただ1つの望みは、控えめで今まで存在も気づかなかったリンディという名のクラスメイト。彼女が、その愛を証明してくれるかもしれない。



■解説

「外見は必ずしも真実ではない。本当の美しさは内面にある。」ことを知っていく現代の若者たちの姿を綴ったロマンティック・ラブストーリー。抜群のルックスで“王子様”的存在のカイル役に、英国出身の若手注目俳優アレックス・ペティファー、控えめだが芯の強いリンディ役に「ハイスクール・ミュージカル」で日本でも絶大な人気を誇るヴァネッサ・ハジェンズ、“美しい魔女”ケンドラ役をオルセン姉妹のメアリー=ケイト・オルセンが演じている。特殊メイクはマイケル・ジャクソンの「スリラー」や『127時間』のトニー・ガードナーが手がける。(作品資料より)

  • 2012年2月4日 より 新宿武蔵野館ほか全国にて

  • 配給:ファインフィルムズ
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ダニエル・バーンズ (Daniel Barnz)
脚本 ダニエル・バーンズ (Daniel Barnz)
原作 アレックス・フリン (Alex Flinn)
製作総指揮 マイケル・フリン (Michael Flynn)
製作 スーゾン・カートソニス (Susan Cartsonis)
撮影 マンディ・ウォーカー (Mandy Walker)
美術 ラスティ・スミス (Rusty Smith)
音楽 マーセロ・ザーヴォス (Marcelo Zarvos)
編集 トーマス・ジェイ・ノードバーグ (Thomas J. Nordberg)
衣裳デザイン スティラット・アン・ラーラーブ (Suttirat Anne Larlarb)

■キャスト

俳優名 役名
アレックス・ペティファー (Alex Pettyfer)  Kyle
ヴァネッサ・ハジェンズ (Vanessa Hudgens)  Lindy
メアリー=ケイト・オルセン (Mary-Kate Olsen)  Kendra
ニール・パトリック・ハリス (Neil Patrick Harris)  Will
エリック・ナドセン (Erik Knudsen)  Trey
ダコタ・ジョンソン (Dakota Johnson)  Sloan
リサ・ゲイ・ハミルトン (Lisa Gay Hamilton)  Zola
ピーター・クラウス (Peter Krause)  Rob

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!