映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女のみづうみ

川端康成の小説「みづうみ」を吉田喜重が監督した文芸もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

水木宮子は結婚後八年、表面上は幸福に見えたが、仕事以外に関心を示そうとしない夫の有造にあきたらなくなっていた。彼女はいつしか若い室内装飾家北野と情事を重ねるようになった。そして一夜、彼女は自分の裸体を北野に撮らせたが、そのフィルムをホテルの帰り、暴漢に奪われてしまった。



■解説

川端康成の小説「みづうみ」を「水で書かれた物語」の石堂淑郎、吉田喜重とテレビ・ライターの大野靖子が共同で脚色し、同作品の吉田喜重が監督した文芸もの。撮影はコンビの鈴木達夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 吉田喜重 (Kiju Yoshida)
脚色 石堂淑朗 (Toshiro Ishido) 大野靖子 (オオノヤスコ) 吉田喜重 (Kiju Yoshida)
原作 川端康成 (Yasunari Kawabata)
製作 駒崎秋夫 (コマサキアキオ) 久保圭之介 (クボケイノスケ)
撮影 鈴木達夫 (Tatsuo Suzuki)
美術 平田逸郎
音楽 池野成
録音 加野一郎 (カノイチロウ)
照明 海野義雄 (ウンノヨシオ)
編集 清水幸子 (シミズユキコ)
スチル 長谷川元吉 (ハセガワゲンキチ)

■キャスト

俳優名 役名
岡田茉莉子 (Mariko Okada)  水木宮子
芦田伸介 (アシダシンスケ)  水木有造
早川保 (ハヤカワタモツ)  北野
露口茂 (ツユグチシゲル)  桜井銀平
夏圭子 (ナツケイコ)  町枝
益田紘子 (マスダヒロコ)  はるみ
益田愛子 (マスダアイコ)  はるみの母

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!