映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 悲しきヒットマン

ヤクザに雇われた殺し屋が抗争の中で見つけた愛を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和54年、神戸。高木は三宮のバーでチンピラと喧嘩しているところを、松岡組系新井組の若頭補佐・山川に拾われて舎弟となった。めきめき頭角を表わしていった高木だったが、山川が組の金を使い込み、同じく補佐の吉田に預けられることになった。やがて吉田が組をつくり、高木は若頭となって河合という舎弟もできた。ある晩、高木はかって山川の舎弟だった頃に知り合った良子と再会。彼女も極道の妻だったが、夫を亡くして一人で息子の孝志を育てていた。良子には松岡組系畑中組の小池がちょっかいを出していたが、ロシアン・ルーレットの勝負で高木が勝ち、彼女を自分のものにした。やがて二人は結婚し、孝志の下に女の子を設けた。



■解説

山口組の顧問弁護士だった山之内幸夫原作の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は「恋子の毎日」の松本功、脚色は杉山義法が執筆。監督は「またまたあぶない刑事」の一倉治雄、撮影は「Aサインデイズ」の浜田毅がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1989)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 一倉治雄 (イチクラハルオ)
脚本 松本功 (マツモトイサオ)
脚色 杉山義法
原作 山之内幸夫 (ヤマノウチサチオ)
企画 天尾完次 (アマオカンジ)
製作 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 高岩淡 (タカイワタン)
プロデューサー 厨子稔雄
撮影 浜田毅 (ハマダタケシ)
美術 佐野義和 (サノヨシカズ)
音楽 大野雄二 (オオノユウジ)
松尾和美 (マツオカズミ)
録音 伊藤宏一 (イトウコウイチ)
照明 安藤清人 (アンドウキヨト)
編集 市田勇 (イチダイサム)
助監督 南光
スチール 中山健司 (ナカヤマケンジ)

■キャスト

俳優名 役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)  高木昇
萬田久子 (Manda Hisako)  宮沢良子
松村雄基 (マツムラユウキ)  河合周平
長倉大介 (ナガクラダイスケ)  東友也
池波志乃 (イケナミシノ)  野本節子
星真理 (ホシマリ)  白井真紀
誠直也 (マコトナオヤ)  木下秀政
本田博太郎 (Hirotaro Honda)  小池豊和
睦五郎 (ムツミゴロウ)  新井栄
片桐竜次 (カタギリリュウジ)  横山幹夫
綿引勝彦 (Katsuhiko Watabiki)  西川保夫
品川隆二 (シナガワリュウジ)  細川
山之内幸夫 (ヤマノウチサチオ)  山之内
中村錦司 (ナカムラキンジ)  南原研助
高樹陽子 (タカギヨウコ)  アケミ
正司歌江 (ショウジウタエ)  食堂女主人
松尾和美 (マツオカズミ)  スチュワーデス
成田三樹夫 (ナリタミキオ)  山川正男
名高達男 (Tatsuo Nadaka)  吉田征二

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!