映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ルルドの泉で

世界最大の巡礼地ルルド。なぜ、彼女にだけ奇跡は起こったのか。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

奇跡を求めて世界中の人々が集うフランス南西部の巡礼地ルルドへのツアーに参加したクリスティーヌは、不治の病で車いす生活を強いられている。巡礼地への旅は唯一の楽しみだ。マルタ騎士団の介護係マリアやセシルらと共に、聖母マリアが出現した洞窟や、奇跡の水が湧き出る泉を訪れる中、突然、立ち上がって歩けるようになる。果たして、それは奇跡のなせる業なのか。周りの人々の心は懐疑と嫉妬に揺れ始める。



■解説

『サガン−悲しみよ こんにちは−』のシルヴィー・テステュー演じるヒロインがいつ立ち上がり、いつ倒れてしまうのか、それを見守るだけでどきどきして十分サスペンスの味わいがある。『白いリボン』の巨匠ミハエル・ハネケに師事したオーストリアのジェシカ・ハウスナー監督が入念なリサーチと司教との交渉を重ね世界最大の巡礼地ルルドでのオールロケを敢行した本作。緻密な台本と明確なイメージによって、清冽さと残酷さと、そこはかとないユーモアを醸し出している。重い病や障害、あるいは癒しがたい孤独を抱えた人々を描きながら、そこには貫かれた静寂があり、人生の意義を見出そうとする普遍的な人間の姿が浮かび上がる。

  • 2011年12月23日 より シアター・イメージフォーラムにて

  • 配給:エスパース・サロウ
  • 製作国:オーストリア=フランス=ドイツ(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェシカ・ハウスナー (Jessica Hausner)
脚本 ジェシカ・ハウスナー (Jessica Hausner)
製作 マルティン・ゲシュラハト (Martin Gschlacht) フィリップ・ボバー (Philippe Bober) スザンヌ・マリアン (Suzanne Marian)
撮影監督 マルティン・ゲシュラハト (Martin Gschlacht)
美術 カタリーナ・ウォッパーマン (Katharina Woppermann)
編集 カリーナ・レスラー (Karina Ressler)
衣裳デザイン タニヤ・ハウスナー (Tanja Hausner)

■キャスト

俳優名 役名
シルヴィー・テステュー (Sylvie Testud)  Christine
レア・セドゥ (Lea Seydoux)  Maria
ブリュノ・トデスキーニ (Bruno Todeschini)  Kuno
エリナ・レーヴェンソン (Elina Lowensohn)  Cecile

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!