映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ねずみ小僧怪盗伝

昼は麦とろ屋、夜はねずみ小僧となって活躍する姉弟の姿を喜劇タッチで描く時代劇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

女流文学者・与謝野ハル子がねずみ小僧の研究にと次郎吉とお駒を取材しにくる。二人は若い頃の回想を始めた。時は江戸時代。深夜の鐘がゴーンと鳴る頃、金竜寺境内にある麦とろ屋の一室から次郎吉が動き始める。彼は黒装束に身を包み、豪商の家を狙って金品を盗み出すねずみ小僧だったが、実のところ、夢遊病者であった。盗品は山のごとく集まり、次郎吉の姉・お駒がねずみ小僧となって盗品を貧しい人々に配って歩く。町中、ねずみ小僧の噂でもちきりだった。品川沖に黒船が控え外国使節を迎えている手前、貧民対策に躍起となっている幕府は、遠山の金四郎こと金さんにねずみ小僧退治をまかす。金四郎は年老いたむっつり右門にねずみ退治を命じた。右門の子分・甚六は捕方集めに駆け回り、麦とろ屋で作戦会議を開く。そこに町人姿の金四郎が現れ仲間に加わった。ある夜、甚六たちに追いつめられたねずみ小僧姿のお駒を、金四郎が助け、お駒は彼に恋心を抱くようになる。



■解説

脚本は「夏服のイヴ」のジェームス三木、「迷走地図」の古田求、同作の野村芳太郎の共同執筆。監督は野村芳太郎。撮影も同作の川又昂がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1984)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura)
脚本 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura) ジェームス三木 (ジェームスミキ) 古田求 (フルタモトム)
製作 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura) 野村芳樹 (ノムラヨシキ)
撮影 川又昂 (Takashi Kawamata)
美術 森田郷平 (モリタキョウヘイ)
音楽 田中朗 横田年昭 (ヨコタトシアキ)
録音 原田真一 (ハラダシンイチ) 松本隆司 (Ryuji Matsumoto)
照明 小林松太郎 (コバヤシショウタロウ)
編集 太田和夫 (オオタカズオ)
助監督 松原信吾 (マツバラシンゴ)
スチール 金田正 (カネダタダシ)

■キャスト

俳優名 役名
中村雅俊 (Masatoshi Nakamura)  次郎吉
和由布子 (カズユウコ)  お花
中本美鈴   お光
森口瑤子 (Moriguchi Yoko)  お豊
黒崎輝 (クロサキヒカル)  甚六
レオナルド熊 (レオナルドクマ)  土鍋引掻
加藤嘉 (カトウヨシ)  むっつり右門
中条きよし (ナカジョウキヨシ)  遠山金四郎
小野ヤスシ (オノヤスシ)  マウスボーイ
玉川伊佐男 (タマガワイサオ)  中村勘助
穂積隆信 (ホヅミタカノブ)  川路聖謨
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)  与謝野ハル子
名取裕子 (Yuko Natori)  唐人お吉
仲谷昇 (ナカヤノボル)  安藤対馬守
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  赤ひげ先生
菅井きん (スガイキン)  借金とり
渡瀬恒彦 (Tsunehiko Watase)  浪人
コント赤信号 (コントアカシンゴウ)  町人
小川真由美 (オガワマユミ)  お駒
シュガー   コーラス

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!