映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハラがコレなんで

監督:石井裕也、主演:仲里依紗――二つの才能がぶつかり合った人情コメディ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

妊娠9カ月、お腹の子供の父親であるアメリカ人の彼と別れ、お金も底をついた光子は、行くあてもなくアパートを引き払う。流れ辿り着いたのは、子供時代に両親と暮らした時代遅れの長屋。そこには寝たきりになった大家のおばちゃんと、光子の幼なじみで叔父の次郎と食堂を営んでいる陽一が住んでいた。15年前に光子に告白して以来光子を思い続けてきた陽一は、再会を喜ぶ。一方、次郎は近くの喫茶店のママに長年想いを寄せていた。



■解説

PFF(ぴあフィルムフェスティバル)出身の28歳。そのオリジナリティあふれる作風で、日本のみならず海外の映画祭でも称賛される石井裕也監督の新作は、“粋(いき)”と“義理人情”を何よりも大切にする24歳の女性の生きざまを描いた人情コメディだ。八方ふさがりの自分の状況そっちのけで泰然自若にどーんと構え、他人の幸せばかりを考えているそのヒロイン像は、先行き不安な今の時代を元気づける“ヒーロー”像なのかもしれない。そんな主人公・光子を演じる仲里依紗は、持ち前の明るさと演技力で監督の世界観を真正面から受け止め、抜群の存在感を発揮している。クライマックスの壮絶な台詞の応酬は、“石井ワールド”を象徴する本作の白眉だ。

  • 2011年11月5日 より シネクイントほか全国にて順次公開

  • 配給:ショウゲート
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • コメディ
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 石井裕也 (Yuya Ishii)
脚本 石井裕也 (Yuya Ishii)
プロデューサー 曽根祥子 (ソネショウコ) 小榑洋史 (オタルヒロシ) 柴原祐一 (シバハラユウイチ)
撮影 沖村志宏 (オキムラユキヒロ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
装飾 吉村昌悟
音楽 渡邊崇 (ワタナベタカシ)
主題曲/主題歌 GOING UNDER GROUND (ゴーイングアンダーグラウンド)
録音 加藤大和 (カトウヒロカズ)
照明 杉本周士
編集 相良直一郎 (サガラナオイチロウ)
衣裳デザイン 馬場恭子 (ババキョウコ)
ヘアメイク 宮本奈々
キャスティング 田端利江 (タバタトシエ)
スクリプター/記録 西岡容子 (ニシオカヨウコ)

■キャスト

俳優名 役名
仲里依紗 (Naka Riisa)  原光子
中村蒼 (Aoi Nakamura)  児玉陽一
斉藤慶子 (Saito Keiko)  ママ
石橋凌 (Ryo Ishibashi)  児玉次郎
稲川実代子 (イナガワミヨコ) 
並樹史朗 (Shiro Namiki)  原芳隆
竹内都子   原早苗
大野百花 (オオノモモカ)  原光子(小学生)
近藤芳正 (Yoshimasa Kondo)  斉藤
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru)  加藤
瀧川鯉昇 (タキガワリショウ) 
戸次重幸 (トツギシゲユキ) 
森岡龍 (モリオカリュウ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!