映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 波影

水上勉の同名小説を豊田四郎が監督した文芸もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

毎年夏が訪れると世津子は泊集落の雛千代の墓を訪れる。今年もまた、世津子は墓の前で、雛千代の思い出にふけった。−−世津子の家は「柾木家」の屋号で娼家を営んでいた。父吉太郎が小肥りで、色白な倉本かね子を連れて来たのは法事で泊に帰った時であった。この女が雛千代であった。廓という特殊な世界に、生来の明るさを失わず、自ら身を沈めて柾木家につくす様子は、吉太郎、女将まさに当然のように可変いがられた。そして、中でも一番雛千代に惹かれていたのは世津子だった。八歳の夏、雛千代に連れられ泊の里を訪れた世津子は、この集落に、集落から出ていった者は必ず帰って来るという“まいまいこんこ”の風習があることを教えられた。閑静な寂しい集落のこの話は、世津子の脳裏に強く残った。



■解説

水上勉の同名小説を「喜劇 陽気な未亡人」の八住利雄が脚色「甘い汗」の豊田四郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの岡崎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1965)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 豊田四郎 (Shiro Toyoda)
脚色 八住利雄 (ヤスミトシオ)
原作 水上勉 (ミズカミツトム)
製作 佐藤一郎 (Ichiro Sato) 金原文雄 (キンバラフミオ)
撮影 岡崎宏三 (Kozo Okazaki)
美術 伊藤熹朔 (Kisaku Itoh)
音楽 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ)
録音 原島俊男 (ハラシマトシオ)
照明 榊原庸介 (サカキバラヨウスケ)
編集 広瀬千鶴 (ヒロセチヅル)
スチール 中山章

■キャスト

俳優名 役名
若尾文子 (Wakao Ayako)  雛千代
大空真弓 (オオゾラマユミ)  世津子
山茶花究 (サザンカキュウ)  吉太郎
乙羽信子 (Otowa Nobuko)  まさ
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)  忠志
柳家小せん (ヤナギヤコセン)  繁造
沢村貞子 (サワムラサダコ)  小杉イネ
田武謙三 (タブケンゾウ)  周旋人谷山
大辻伺郎 (オオツジシロウ)  彦次
春川ますみ (Masumi Harukawa)  さだ代
ロミ山田 (ロミヤマダ)  市子
木村俊恵 (キムラトシエ)  照子
岩倉高子 (イワクラタカコ)  小花
塩沢とき (シオザワトキ)  松の
石井トミコ (イシイトミコ)  春子
大川恵美子 (オオカワミエコ)  悦子
河美智子 (カワミチコ)  文子
浪花千栄子 (ナニワチエコ)  おうた
深見泰三 (フカミタイゾウ)  かつらぎ楼の主人
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)  若い水兵
立原博 (タチハラヒロシ)  陸軍の兵卒
水島着哉   若い男
三島雅夫 (ミシママサオ)  泊の和尚

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!