映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • フェア・ゲーム

「ボーン」シリーズのスタッフが贈る、全米大ヒットのクライム・サスペンス!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

9.11の同時多発テロ以降、アメリカ合衆国は、世論をも巻き込み、イラク共和国が大量破壊兵器を保持し、悪の枢軸のひとつであるとしていた。だが、CIA秘密諜報員ヴァレリー・プレイムは、潜入捜査の末、イラクに核開発計画がないことを突き止める。その一方、ヴァレリーの夫で、元ニジェール大使のジョー・ウィルソンも、国務省の依頼で同様の調査結果を得ていた。しかし、ブッシュ政権はヴァレリー夫妻の報告を無視し、2003年3月20日、遂にイラクへ宣戦布告する。ジョーは、“真実”を世間に公表するためニューヨークタイムズ紙に自らの調査報告を寄稿し、一躍論争を巻き起こす。すると、政府の報復により、ワシントンの名のあるジャーナリストたちにヴァレリーがCIAの秘密諜報員である情報がリークされる。たちまち世間からの批判を一斉に浴び、孤立無援に陥るヴァレリー。歴史のうねりに巻き込まれながらも、最後までイラク戦争を止めようとした女:ヴァレリー・プレイムの命を懸け、己の信じる“正義”と“愛”を貫く戦いが今、始まる。



■解説

イラク戦争を最後まで止めようとした元CIAエージェントのヴァレリー・プライムの手記を基に、イラク戦争に隠された衝撃の真実を描いたクライム・サスペンス。CIA諜報員と幼い双子の母親という二つの顔を持つ主人公ヴァレリーを演じるのは、演技派女優ナオミ・ワッツ。ヴァレリーを支える夫ジョーにはオスカー俳優ショーン・ペン。監督は「ボーン」シリーズの製作総指揮を務めたヒットメイカーで、『Mr. & Mrs.スミス』のダグ・リーマン。(作品資料より)

  • 2011年10月29日 より TOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて

  • 配給:ファントム・フィルム、ポニーキャニオン
  • 製作国:アメリカ(2010)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ダグ・リーマン (Doug Liman)
脚本 ジェズ・バターワース (Jez Butterworth) ジョン=ヘンリー・バターワース (John-Henry Butterworth)
原作 ジョセフ・ウィルソン (Joseph Wilson) ヴァレリー・プレイム (Valerie Plame)
製作総指揮 デイヴィッド・バーティス (David Bartis) マリ・ジョー・ウィンクラー=イヨフレダ (Mari Jo Winkler-Ioffreda) モハメド・カーラフ (Mohamed Khalaf Al-Mazrouei)
製作 ビル・ポーラッド (Bill Pohlad) ジャネット・ザッカー (Janet Zucker) ジェリー・ザッカー (Jerry Zucker) アキヴァ・ゴールズマン (Akiva Goldsman) ジェズ・バターワース (Jez Butterworth) ダグ・リーマン (Doug Liman)
撮影監督 ダグ・リーマン (Doug Liman)
プロダクション・デザイン ジェス・ゴンコール (Jess Gonchor)
音楽 ジョン・パウエル (John Powell)
編集 クリストファー・テレフセン (Christopher Tellefsen)
衣裳/スタイリスト シンディ・エヴァンス (Cindy Evans)

■キャスト

俳優名 役名
ナオミ・ワッツ (Naomi Watts)  Valerie Plame
ショーン・ペン (Sean Penn)  Joe Wilson
ノア・エメリッチ (Noah Emmerich)  Bill
タイ・バレル (Ty Burrell)  Fred
トーマス・マッカーシー (Thomas McCarthy)  Jeff
ジェシカ・ヘクト (Jessica Hecht)  Sue
ノーバート・レオ・ブッツ (Norbert Leo Butz)  Steve
レベッカ・リグ (Rebecca Rigg)  Lisa
ブルック・スミス (Brooke Smith)  Diana
アシュレイ・ゲラシモヴィッチ (Ashley Gerasimovich)  Samantha Wilson

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!